3期制について[倉庫保管料金計算方法]~理解すれば保管コスト削減も可能!~



倉庫保管料金を物流事業者と契約する際に3期制という方法があります。 今回は基本的な3期制の倉庫保管料金の算出方法を説明します。

3期制とは、1ケ月を3つに分割し“積数”を算出して倉庫保管料金を計算する方法です。

積数とは、簡単に言えば、ある時点での商品在庫数の合計と1ケ月間の入庫総数の合計であり、1ケ月間の積数[算出方法]=前月末残数+10日残数+20日残数+当月入庫総量 により算出します。

そして、算出した積数に1期当たりの保管料金単価を掛けて1ケ月間の倉庫保管料金を算出します。

1ケ月間の倉庫保管料金[算出方法]=1ケ月間の合計積数×期当りの保管料金単価 ※保管料金単価 = ○○(円/期)※期当たりの保管料金単価。


保管が長期間におよぶ場合であっても毎月同様に計算します。

それでは、3期制料金の“期”の考え方についてもう少し詳しく説明します。


<その1>1ケ月を3つ(3期)に分割します。 [1~10日(1期)、11~20日(2期)、21~末日(3期)]


<その2>1ケ月間の積数を算出します。積数は各期の末日残数と 当月の入庫総数より算出。 (1)前月末日残数 ←(前月末日から繰り越される在庫数=1日朝入出荷前の在庫数) (2)10日残数 ←(10日時点の在庫数=11日朝入出荷前の在庫数) (3)20日残数 ←(20日時点の在庫数=21日朝入出荷前の在庫数) (4)当月の入庫数 ←(1日~末日の間の月間入庫総数)



※在庫数は、入庫数、出庫数を出し入れした後に残った数量とします。


倉庫保管料金は、上記のように在庫期間、在庫数量によって積数が変わり料金に影響してきます。 従って、この3期制を理解し、入庫日、及び出庫日を調整する事ができれば倉庫保管料金は変化します。



特集記事

最新記事

アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
Contact

コンタクト

物流のコスト削減を実現する運送・配送サービスを提供します。
 

当日運送・緊急便・貸切便・チャーター便のほか
専属配送や軽貨物運送
を通じて「感動を与える」サービスを目指します!

  • Facebook

facebook

  • Instagram

Instagram

FAX番号:072-968-3321

〒578-0904

大阪府東大阪市吉原2-6-11

LINEロゴ(アシストライン).png
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitter(アシストライン株式会社)
  • Instagram
  • YouTubeの社会のアイコン

365日24時間対応
配車可能か5分で回答

M_edited.jpg
btn_line.png

『緊急対応承ります』