【駐車の仕方のコツ】バック駐車が苦手な人は要チェック!


自動車の駐車のコツ

軽貨物運送アシストラインに新人ドライバーが入社され 運転指導をしていく中で気づきがあったので こちらで共有する事で、皆さんのお役に立てればと思います。


『バック駐車に苦手意識を持つ人が多い。』 その理由と、簡単にバック駐車ができるようになるコツをご紹介します。


前進とバックでハンドルが逆になる

今更当たり前ですが、前に進む時とバックする時では ハンドルを回した方向と逆の方向に車が進むように見えます。 さらにバック駐車の際は左右方向へのハンドルの切り返しも多いので その途中でタイヤがどこに向いているのかわからなくなり 混乱してしまう人も多いかもしれません。


この現象を解決する方法としては 壁や他の車両に自車を近づけすぎず、常に車の周囲に余裕を持つようにしましょう。

万が一混乱してタイヤの向きがわからなくなったとしても ほんの少しだけ前後退してタイヤの向きを確認することができるようになります。


またタイヤの向きがわからなくなる現象は ハンドルを切ったまま前後を交互に見る際に発生しやすいです。 停めたい向きに対してタイヤはどっちに向いているかを常に意識するようにしましょう。


確認しないといけない場所が多い

バックでもう一つ怖いのが「ぶつけてしまいそうな箇所が多い点」です。

進行方向左側の駐車枠にバックで停める場合 ボディの左側(内輪側)・右後ろ また道路が狭い場合は右前が道路反対側の障害物に接触しないように注意が必要です。


解決策としては 事前に道路の広さ、駐車枠の広さを認識しつつ どれくらいの角度で入ればいいかを意識するようにしましょう。 (頭でシュミレーションする)

空いている駐車場で実際にバック駐車をしつつ 一番ぶつかりやすい位置がどのような軌道を描くか どのタイミングが一番危ないかを確認するのも一つの方法です。

運転席からはギリギリに見えていて意外と余裕がある場合もあれば その逆の場合もあります。


バック駐車が苦手なのは教習所のせい?

バック駐車を教習場で習う時には、大きな駐車スペースと 何回切り返しても大丈夫なほど広いスペースがあります。 その感覚で実際の駐車場に行くと 教習所とは全く違う狭い駐車スペースや通路、歩行者や後続車という環境に驚き パニックになってしまう人が多いのではないでしょうか。


また、問題は教習所でのバック駐車の教え方にあるように感じます。 教習所でのバック駐車の講習では、駐車スペースに対して 垂直の状態(真横の状態)でしかも、駐車スペースをだいぶ行きすぎてから バック操作を開始しますが この方法を街中の駐車場でやると必ず何回も切り返しをする羽目になってしまいます。

教え方に関しても「◯番の目印が真横に見えたらハンドルを切る」など 目印ありきの方法になっている場合が多いようです。 実際の駐車場には都合の良い場所に目印など無いので 結局は自力で習得しないといけません。


バック駐車の正しいやり方

正しいバック駐車の方法のコツ【STEP1】



駐車スペースを見つけたら できるだけ駐車スペースに対して車を寄せることから始めます。 車種にもよりますが、駐車したいスペースの前端と車両の側面が 60~80cm空くぐらいに寄せるのがちょうど良いようです。

車を駐車スペースに寄せることによって バックするための車スペースを十分にとってあげることができるのです。


正しいバック駐車の方法のコツ【STEP2】



駐車スペースが運転席の真横 (運転席からちょうど駐車スペースがサイドウィンドから見える状態)になったら ハンドルを駐車スペースと反対側にいっぱいに切ってゆっくり前進します。車両のリアを駐車スペースに斜めに向けるイメージです。

そしてサイドミラーを確認し、自車の内輪側のコーナーが駐車スペースのコーナー (もしくは隣の車のコーナー)に合わせるようにします。


正しいバック駐車の方法のコツ【STEP3】



今度はさっきと逆側にハンドルをいっぱいに切り 駐車スペースに向かってバックを始めます。 自車の外輪側後端が枠の外に出ないように少しずつ後退し 必要に応じて切り返しを行います。

この駐車方法の優れたところは、ハンドルをいっぱいに切って前進 反対側にいっぱい切ってバックという簡単な手順にあります。

慣れれば切り返しなしで、ハンドルの微調整だけで 駐車スペースの真ん中に駐車することができるようになるでしょう。


いずれにせよ、新人ドライバーの時は何度も練習を重ねる事が スムーズにできるようになる為の近道になると思います。

あまり怖がらずに勇気をもって何度も練習を重ねて 配送業務を一人でこなせるように頑張ってほしいと思います。








≪至急!軽貨物スポット当日案件に即時対応しています≫

アシストライン(株)では、軽貨物運送のチャーター便に特化しております。

貸切輸送のメリットを生かした配送を提案いたします。

「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「

大阪軽貨物運送 アシストライン株式会社  引越・一時保管受付

電話受付 072-968-3320

ホームページ https://www.osaka-line.com/

ワンだふる引越便 https://www.wonderfulbin.com/

軽貨物運送で引っ越し、荷物の一時保管をご提案致します。「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「


特集記事

最新記事

アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
Contact

コンタクト

物流のコスト削減を実現する運送・配送サービスを提供します。
 

当日運送・緊急便・貸切便・チャーター便のほか
専属配送や軽貨物運送
を通じて「感動を与える」サービスを目指します!

  • Facebook

facebook

  • Instagram

Instagram

FAX番号:072-968-3321

〒578-0904

大阪府東大阪市吉原2-6-11

LINEロゴ(アシストライン).png
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitter(アシストライン株式会社)
  • Instagram
  • YouTubeの社会のアイコン

365日24時間対応
配車可能か5分で回答

M_edited.jpg
btn_line.png

『緊急対応承ります』