★アシストラインの『配送アウトソーシング』で会社の再構築



小売店や卸業、Eコマースなど幅広シーンに必ず存在するのは「配送」という業務です。


独自に配送業務を整えるのも難しいですね。

アウトソーシング(配送委託)で配送業務を行っている企業も

多いのではないでしょうか?


アウトソーシング(配送委託)する場合に重要なのは『目的』です。


何の為に配送を委託するのか?


例えば

一般的によく言われているのは「固定費」を「変動費」化する事。

また自社の社員はコア業務に集中させる為に外注化を取り入れたい等ですね。


目的意識を持ち、配送委託する事で『自分たちは何を得るのか』

短期・中期・長期的なゴールをしかっりとイメージし

そして「結果点」をしっかり評価・検証していかないと

結果を得るのは難しいでしょう。


私たち『アシストライン』は、ただ配送するだけでは無く

お客様のゴールに向かうお手伝いが出来るように

パートナーとして寄り添って行きたいと思っています。


軽貨物運送を得意とする『アシストライン』では幅広い業種に対応しております。


多様な作業経験をもつスタッフが多く在籍するアシストラインで

幅広い業種・職種に対応することが可能です。


企業の皆さまが必要とする人材・車両・必要とする期間など

あらゆるニーズにお応えします。

#配送や配送助手などの業務、その他運送関係の業務に対応しております。

#急な人材不足等にご対応することが可能です

メリット

  • 事故のリスクを自社で負担する必要がなくなる

  • 人員や労務管理にかかわる手間が削減される

  • 駐車場や車両を維持するための費用が削減される

  • 配送担当の人員を製造部門に配属する事ができる

  • すでに自社トラックを保有されている場合はトラックの買受も可能

  • 万が一の事故対応もすべて引き受けます

  • 自社配送での事故は企業イメージダウンに繋がるが配送請負の場合はその心配がなくなる

  • 当日依頼を受けて当日運ぶことも可能

  • 大手運送業者が運べない規格外の扱いも対応可能

  • 他社が嫌がる短期間、短時間のお仕事も可能です。

サービスの特徴

・1日1時間のオーダーから

繁忙期の固定スタッフのご依頼まで迅速に対応します。


・引越や配送助手・宅配等の経験が豊富なスタッフが多数在籍しております。

急に人数が必要となった場合は前日のオーダーにも対応可能です。


・全国100以上の協力会社を持ち、積み込み地や荷降ろし地で

それぞれ現地スタッフを提供することも可能です。


配送を外注化する際の対比となるポイントも

まとめてありますので、ぜひこの機会にご覧下さり、

ご検討してみてください。



定期配送料金プラン


定期配送料金ですが

各お客様の配送内容によって取り決めさせて頂いております。


ある程度の料金相場というものはありますが

配送スタイルによって若干の料金差が発生致します。


配送料金を取り決める際の基本的なポイント

✔ 配送業務内容

✔  配送温度帯

✔  勤務時間

✔ 走行距離

といった項目が主になります。

その他に

✔  付帯作業・・・ピッキング・仕分け、構内作業、注文取り等

  ※専門知識や習得に時間の必要な付帯作業等は相談となるケースが多くなります。

✔  業務終了のパターン

・指定時間拘束スタイル・・・時間内は配送業務が終了していても構内作業等のお手伝い

              ※指定時間以降は残業代が発生します。

・やり終いスタイル・・・・配送終了時点で業務終了 

             ※残業代は発生しません。

             ドライバーの能力による無駄な残業代の削減につながります。

✔ その他、超過料金

   規定走行距離・規定配送個数等を超過した際に発生する料金。

   指定時間外料金、時間超過料金(残業)など。

✔  配送時間のリードタイム

   ●午前中の配送指定となれば、

     一番多い時間帯になりますので料金もそれに伴い高くなります。

   ●午後からや、時間指定のない場合(例:16時までに納品できればいつでも可)

     の条件であれば、料金のご相談の幅も広がります。

これらの項目がポイントとなります。


■ 運賃形態


① 指定時間内業務  指定時間以降残業発生

② 指定条件業務   やり終い 

③ 個建て料金    1個当たり 1件当たり の料金設定

④ その他 月極め料金や重量制料金など


これらのプランの中から主に、①と②の料金プランが多くを占めています。

最近では②のやり終いのスタイルを好む得意先様が多く、

「後から残業代が加算されている」

「ドライバーの能力によって残業時間に差が開く」

などという所が納得がいかないという、お客様が増えてきているのが理由です。


③は主に企業や個人宅配業務に多く採用されている料金プランになります。

④のプランは軽貨物運送では稀であります。

お客様の配送業務スタイルに合わせてご検討ご相談ください。


現在、お客様の配送部門は

✔ 宅配業者様へ依頼

✔ 他運送業者様への依頼

✔ 自社従業員で配送

上記のいずれかに当てはまると思います。

お客様が外注化をご検討される際のニーズ


✔ コストダウン

✔ コンプライアンス面の遵守

✔ 労務・事故等のリスク回避

✔ 質の向上

という点を挙げられるでしょう。

利益向上や今後の発展に繋げていきたいと、お考えのことかと思います。


◆宅配業者様への依頼

宅配業者様への依頼は

近年値上げの傾向が強く、以前と比べて1.5倍になった

というお客様もいらっしゃいます。

自社配送に切り替えたり、

外注化を検討している荷主様も少なくないようです。

切り替えたお客様からは、

荷主様のドライバーが納品に伺うことで、

得意先様のご要望に答えられるメリットを感じておられます。

また、出荷作業(梱包・伝票発行作業など)で時間がかかり

人件費がかさむ傾向にもあります。弊社へご依頼の際には、

その辺りの付帯作業等もご相談に乗らせて頂きます。

他の運送業者様へ依頼


現在他の運送業者様をご利用なさっている荷主様も、

ドライバーの質や料金が不透明なところがあると

困っていらっしゃるところも少なくはありません。

配送が遅いドライバーに残業代を請求されるのが納得いかない

という声や、一社のみに頼るのも不安というお客様もいらっしゃいました。

 実際にご相談を受けてその点を改善し

お取引が始まっているお客様もいます。

 また、後日請求書を見てビックリ。

といった経験をされている会社様もあるようです。

そちらも弊社ではしっかりとお見積もりさせて頂きますし、

私自身も現場のお仕事を完全に把握してお互いにメリットのある

ご提案をさせて頂きます。

 もちろん、現在ご利用の業者様よりコストダウンしたい、

質を上げたいといったご相談にも可能な限りご対応します。

 現在、荷物量の増加に加え、

人材不足問題が深刻で運送業界ではどの業者も値上げ値上げと、

ブームのようになっています。

確かに、人材確保やコンプライアンス面を考えると

値上げしないと厳しい現状があります。

 しかし、業務委託契約を中心に展開している弊社なら、

ただ単にブームだからと値上げするのではなく、

別の切り口からのご提案ができる可能性もあります。

まずは、お気軽にご相談ください。


○●----------------------------------------------------●○

『緊急のお荷物今からスグに全国に配達します』

大阪の軽貨物運送で365日24時間営業

急ぎでお荷物を運びたい方(緊急)チャーター便・夜間/早朝・緊急当日配送

軽トラック・チャーター・2t・4tトラック今からスグに手配します。

○●----------------------------------------------------●○

軽貨物運送で物流・配送・配達コストの削減をご提案致します。


大阪軽貨物運送アシストライン株式会社

配車受付 電話 072-968-3320

  1. 配車担当まで https://www.osaka-line.com/

○●----------------------------------------------------●○

「緊急配達トラック・貸切運送・単身引越・家具冷蔵庫運送・物流アウトソーシングと

物流のことなら何でもご相談下さい

受付電話 072-968-3320

特集記事

最新記事

アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
Contact

コンタクト

物流のコスト削減を実現する運送・配送サービスを提供します。
 

当日運送・緊急便・貸切便・チャーター便のほか
専属配送や軽貨物運送
を通じて「感動を与える」サービスを目指します!

  • Facebook

facebook

  • Instagram

Instagram

FAX番号:072-968-3321

〒578-0904

大阪府東大阪市吉原2-6-11

LINEロゴ(アシストライン).png
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitter(アシストライン株式会社)
  • Instagram
  • YouTubeの社会のアイコン

365日24時間対応
配車可能か5分で回答

M_edited.jpg
btn_line.png

『緊急対応承ります』