★知ってた?『目標達成』の確率を上げるコツ


『目標達成』の確率を上げるコツ

目標を決めて行動してるけど なかなかうまくいかない・・・

そんな風に思っている方も多いのでは無いでしょうか?


本気で実現したい目標を設定するところまではうまく進んでも

その後の

『行動計画』がうまくいかなければ目標は実現しません(泣)


そこで今回は 目標達成確率を上げる行動計画の作り方を紹介します(^^)/



『目標達成』の確率を上げる『行動計画』の作り方


行動計画の作成手順

目標を設定したら 次は具体的な行動の設計です。

目標がうまく設定できると

目標が決まった!⇒後はやるだけ!

と気分が高揚しますが 『目標設定』と『行動計画』は 両輪で必要不可欠ですね♪



決めた目標をしっかりと実現につなげるためには 『行動計画』を以下の手順で検討を進めていくことが必要となります。


『目標達成』の確率を上げる『行動計画』の作り方

  1. 目標達成の状態具体的に書き出す(達成できたときのイメージ)

  2. 障害を書き出す(問題になりそうな事は何かな?)

  3. 中間目標を設定する(いつまでに何をするのかな?)

  4. モデリングする(上手くいっている人や方法をまねる)

  5. 習慣的行動を計画する(人は習慣化するのに21日かかると言いますねー)

  6. フィードバックをもらう(誰かに評価してもらう)


意外とやることが沢山ありますねー


ここて尻込みしてしまうと

目標達成の確率は下がります。


逆にここでしっかりと適切な計画が立てられるか

どうかで確率が格段に上がります。


計画がダメなら結果もダメになる

当たり前のことですが

ほとんどの人が見過ごしがちなのは


「計画時点で目標達成が成立していなければ

実行しても目標は達成されない」という視点です。


というのは言われれば当たり前ですし

周りの人の行動を見たらわかると思います。


・『ダイエットして10kg痩せる』と言っているのに『食事制限』しかしていない人 ・『〇〇の資格を取りたい』と言っているのに『学校に通う』ことしかしていない人

・目標設定だけして『行動を計画していない人』を見てどう感じるでしょうか?!

それじゃ絶対にうまくいかないですよね~((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

と他人を見ていればよくわかると思います。


「マズイ!」と思う方は

ぜひ以降の内容を参考に

『具体的な計画』を作り上げていきましょう。


1.目標達成の状態を具体的に書き出す

行動を計画する上で一番初めにするのは

『目標達成の状態』を具体的にイメージして書き出すことですね♪ 『YouTubeを通じて毎月1万円を稼ぐ』

という目標を仮に設定したとします。


このときに考えるべきことは・・・


・毎月どのくらいのPVがあるのか?

・収益動画はいくつあるのか?

・全体でどれくらいの動画数が投稿されているか?

・どんなテーマ?どんな内容の動画があるのか?

・更新頻度はどれくらいか?

・自分はどんな気持ちでYouTubeに向き合っているのか?



目標を達成した時の具体的な状況

徹底的に書き出しましょう♪


大切なのは

具体的な『目標達成』時の姿がリアルにイメージできることです♪


・目標と現状ばどれくらいのギャップがあるのか? ・特に大きなギャップはどこにあるのか? ・そもそも自分はこの目標を本当に達成したいのか?


といったことがわかり

何をすべきかの判断の精度が飛躍的に上がります(^^♪


なぜ目標を設定すると達成できるのか?

目標を設定することで達成できる理由。


それは

人は目標に合わせて自分の思考や行動を決めるからです。


目標をきめることで自分の中の優先順位が変わる!

というのが起きること。


目標を設定する →『優先順位』が変わる →『思考』と『行動』が変わる →『結果』が変わる


こうした因果関係を順番に起こすことが

目標達成の必要条件です。


目標を決めて

自分の優先順位はどれだけ変わったのか?


『目標設定』がうまく行っているかどうかの 一つの重要な基準です。


明確な優先順位を決めるためにも

目標は『具体的に設定』しましょう(*^^*)


2.障害を書き出す

目標を具体化したら

次は目標達成までの『障害』を書き出します。


目標達成の取り組みは

積上げ思考から逆算思考に頭を切り替えること。

現状を起点に「やると良いこと」を積み重ねて目標を目指す 目標を起点に「障害を取り除く」ことで目標を実現する


具体的にイメージした目標から逆算

目標達成の障害になっている事柄を書き出します(^^)/


・仕事が忙しく、動画を撮ったり編集する時間が満足に取れない ・どんなテーマで動画を撮ればいいかわからない ・動画をアップしてもなかなかPV数が稼げない


ここで

いきなり具体的な行動を思いつくままに書き出すのは絶対にNGです。


私たちは「自分がすでにできること」については

具体的な行動計画を立てることができます。


しかし・・・

・初めてやること ・達成が困難なこと については

そもそも達成方法がわからないため

行動を考えて書き出しても間違っている可能性が極めて高いのです。


そもそも

自分の『目標の達成方法』を知らない(マジデっ?)

という前提に立ち


いきなり行動を計画するのではなく

目標から逆算して想定される障害から 一歩ずつ考えることが必要です。(むずかしく考えすぎないで下さいねー♪)


3.中間目標を設定する


障害を書き出したら

その内容から中間目標を設定します。


中間目標とは障害を乗り越えた状態を指します。


【障害①】仕事が忙しく、動画を撮る時間が満足に取れない →【中間目標】毎日動画を撮る時間が十分に確保できている 【障害②】どんなテーマで動画をつくればいいかわからない →【中間目標】自分が専念してつくれる動画のテーマが決まっている 【障害③】動画をアップしてもなかなかPV数が稼げない →【中間目標】PV数を伸ばす動画のつくり方が身に付いている


「障害を乗り越えたらどうなっているだろうか?」

と考えることで

中間的に目指す状態を定義していきます。



ここでのポイントは

中間目標はすべて達成しなければ目標にはたどり着かない

ということ。


1つでも達成出来ていない中間目標が残ってしまうと目標には到達できません。



・中間目標同士には前後の関係性はないか?

・どういう順番でクリアしていくか?

・まずどれに集中するか?


中間目標同士を比べながら

達成する中間目標の順番を決めていきます。


そして

はじめに達成すべき中間目標に全力投球することが大切です。


4.モデリングする


中間目標まで考えたら

いよいよ『具体的な行動』を考えます


繰り返しになりますが

今の自分が直感的に思いつくことでは良くありません


すでに目標を達成している人の行動をモデリングする(まねるっ)!

という発想がとても大切です('ω')ノ


目標達成は

目標設定により自分の思考と行動を変えることと前述しました。

中間目標を達成するための行動


モデリングの手順

  1. 既に目標を達成している人を見つける

  2. 自分が設定した中間目標を達成するために その人ならどう行動するか?を考えて書き出す

  3. 書き出した内容のうち「いままで自分がやってこなかったこと」を選択し 取り組む行動に決める


もし「その人ならどう行動するか?」を知識として知らなくても 想像で書き出すことが大切です♪



~○○さんならきっとこう考えるだろうな・・・


という頭の中を想定・妄想して書き出すことで

それまでの自分の前提を打破し

新しい思考・行動の習慣を選ぶことができるようになります。


今までの自分の習慣を変える!

ということが


高い目標を達成する上では避けては取れないプロセスになりますので

頑張って考えてみましょう。


5.『習慣的』行動を計画する


モデリングする行動を決めたら

それを『習慣的』行動として計画します。


例えば

習慣的行動の行動計画

【障害】仕事が忙しく、動画を撮る時間が満足に取れない 【中間目標】毎日動画を撮る時間が十分に確保できている  ↓ 【モデリング】朝起きたらすぐに動画をつくり始め、終わるまで他のことをしない 【習慣的行動】毎朝4時に起きて、7時までの3時間は必ず動画制作に専念する



☆彡習慣的行動とは?!


・毎日○○をする ・毎週~〇曜日は○○をする ・1日に〇回は○○をする


など一定の周期で同じ行動を繰り返す習慣のこと。


モデリングする行動を決めたら

『自分の習慣に設定する』と覚えておきましょう。


☆彡行動を習慣として設定する理由


・定期的に繰り返すことで不慣れなことも徐々に無意識でできるようになる ・行動習慣が変われば思考パターンも自然と変わる ・行動回数が増え、成長・変化のペースが加速する ・行動記録が取りやすく、後で振り返りやすい


こうしたメリットを享受するためにも

習慣として行動を計画しましょう♪



6.フィードバックをもらう


ここまで出来たら 忘れては行けないのは

行動計画に『フィードバックをもらう』ということです♪

フィードバックをもらうべき対象は

  1. 既に目標を達成している人

  2. 家族や友人など身近な人 の2パターンです。

既に目標を達成している人に行動計画を見せ

現実に即した適切なアドバイスを貰うことができます。


その場でモデリングとして

取り入れるべき行動を『教えてもらえるチャンス』にもなりますね♪



また

家族や友人などの身近な人

行動計画を見せることによって


・身近な人を自分の協力者に変える

・目標に対するコミットメント効果が生まれる


といったメリットがあります。


『自分はこれから毎日○○をする』

と宣言してみてください。


また逆に

この人に言うと反対されそうだな・・・

という人には絶対に行動計画は見せてはいけません


もっともらしいことを言って

『足を引っ張られてしまう』恐れがあります(*_*;



目標は信頼できる人だけに見せる!

を徹底すると良いですよ~


成功のための6つのコツ

ここまで行動計画の作り方を具体的な手順で見てきましたが

今一度重要な目標達成のコツをおさらいしますねー


①目標は具体的に設定する リアルにイメージすることで 「目標達成に何が必要か?」の判断の精度が向上する ②目標が達成できるのは自分の中の優先順位が変わり

結果的に思考や行動が変化するから


逆に言えば

自分の優先順位や思考・行動が以前と変わっていないとき

目標は達成できない ③目標からの『逆算思考』を身につける 逆算で考えることで

常に最短距離で無駄なく考えられる


④高い目標は障害→中間目標→モデリングの順で計画する 自分で経験したことがない目標は 的確な行動を自分で導くことができない。 中間目標を設定し

既に達成している人の行動をまねする。 ⑤行動は必ず習慣的行動として設定する 行動を習慣化することで様々なメリットが享受できる ⑥行動計画は「既に達成している人」「身近な人」の 2方向からフィードバックをもらう

より適切な計画へとブラッシュアップし

達成確率を上げる環境づくりができる


これらの本質的なコツを実践の中に取り入れることによって

そうでなかった場合に比べて達成確率は飛躍的に上がります(^^)/



コツを押さえて実践する!

ということを忘れずにやっていきましょう♪


最後に

知らない→難しい・理解できない・わからない→やらない。ではなく

知らない→興味ある→やってみよう


こういう思考が大事だと思います。


出来ないのは

「慣れてないだけ、

慣れるためにとにかくやってみよう」

ですねー


アシストライン株式会社

https://www.osaka-line.com/


〒578-0904 大阪府東大阪市吉原2-6-1

営業時間 8:00~18:00


電話番号【事務所】 072-968-3320

電話番号【代表直通】080-5710-9990

FAX番号 072-968-3321       

メールアドレス info@osaka-line.com


LINE@公式アカウント

『軽貨物運送アシストライン株式会社』

「無料・かんたん・問合せ♪」



対応エリア:大阪府を中心に日本全国

主な業務内容

単身引越/ 家具・家電配送/ペット輸送/ 緊急配達/レンタルトラック/貸切運送/ 物流アウトソーシング 「物流のことなら何でもご相談下さい」

特集記事

最新記事

アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
Contact

コンタクト

物流のコスト削減を実現する運送・配送サービスを提供します。
 

当日運送・緊急便・貸切便・チャーター便のほか
専属配送や軽貨物運送
を通じて「感動を与える」サービスを目指します!

content

『​会社情報』

『その他サービス』

  • Facebook

facebook

  • Instagram

Instagram

FAX番号:072-968-3321

〒578-0904

大阪府東大阪市吉原2-6-11

『求人関係』

『引越関係』

『​資料と規約』

『緊急対応承ります』

M.png
btn_line.png
LINEロゴ(アシストライン).png
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitter(アシストライン株式会社)
  • Instagram
  • YouTubeの社会のアイコン