★アブナイ口癖『仕事ができない人』は言ってない?!


『仕事ができない人』のアブナイ口癖

『仕事ができない人』には

似通っている口癖があります (ホンマに)


これを

もし言っていたら注意ですよー( ゚Д゚)


自分も無意識に口にしていないか

要チェックです(汗)


「忙しい」「時間がない」

口癖で仕事が全然終わっていない人。


出来ないからって

「言われてません」「聞いてません」

誤魔化す人っていますよね( `ー´)ノ


こういった言葉は周りの人に仕事ができないと思われる口癖!


仕事ができない人の口癖から

自分の悪い癖を知りましょう。

仕事ができない人に共通する8つの口癖


①「今はちょっと無理」

『仕事ができない人』に共通する口癖としてあるあるなのが

「今ちょっと無理」「後で」です( ゚Д゚)


『仕事ができない人』には

今しないといけないことを

後に回す癖があります。


後でやろうと思って予定を先延ばしにしたけれど

後でやらないといけないことが気になって余計に集中力や

やる気を失ってしまったことはないでしょうか?


実は

「後でやろう」と後回しにしたことを脳が変に意識してしまい

それが原因で行動への意欲を奪っているのです。


今やらなければいけないことは今すぐやった方がいいです。


即時即行(^^♪


今できなければ、いつまでやらないといけないのか確認し

Googleカレンダーなどにスケジュールに入れて

アラートなどしておくと忘れなくて良いですYO( ^^) _旦~~


②「忙しい」「時間が無くて何もできない」

仕事ができない人はやたらと「忙しい」とか「時間なくて何もできない」

言いがち。


つい言いたくなる気持ちもわかりますが

周りから白けた眼で見られることもあるので注意です。


何かにつけて「忙しい」と言う人は

自分1人だけが忙しいと思っています。


しかし

忙しいのは皆一緒

仕事ができる人は忙しい中で

『優先順位をつけて』物事をこなしているでしょう。


「仕事ばかりで何もできない」

これも仕事ができない人に共通する口癖。


先延ばし癖のある人がよく言う言葉です。

できない理由を仕事のせいにして現実から逃げています。



③「もし○○だったらどうしよう…」

「もしこの案件がうまくいかなかったらどうしよう」など

仕事ができない人はよく

「もし○○だったらどうしよう」と心配します。


これも言わない方がいい悪い口癖です。


「もし○○だったらどうしよう」という口癖がダメなのは

起きていないことを心配するあまり

無意識に自分を過小評価して行動を制御したり先延ばしにしてしまいます。


しかし悪いことばかりではありません。

能力が低い人は過大評価しやすく

高ければ高いほど過小評価してしまいます。



④「言われてませんけど」「知りませんでした」

仕事ができない人は上司から何か言われると

「それ言われてなかったです」

「知りませんでした」と言ってしまうところがあります。


強気なタイプの新人に多いでしょう。


注意されたときに

「言われてませんけど」なんて返されると

相手は「いちいち言われなくてもある程度は自分で考えて行動しようよ…」と

呆れてしまいます。


また任されたことが出来なかったり

やっていないことを指摘され「知りませんでした」と答えるのも

「何を平気で言い訳してるの?」と余計に怒らせることになってしまいます。


⑤注意されると「でも」「だって」

職場でちょっとした注意を受けたとき


「でもこれは~の方がいいと思ったんで…」なんて言ってしまうのが仕事が

できない人。


自分の失敗を絶対に認めない人に

多い口癖です。


相手の言葉に真っ先に「でも」と

返すことで

言われた方は「私の言葉を否定された」と感じます。


言い訳ばかりで反省の色が見えないと

思われやすいので注意しましょう。


「だって」も仕事ができない人の口癖。

「だって~なんです」なんて言われたって

「学生気分が抜けないの?」と怒られるだけ。


子供っぽい口癖は控えましょう。


⑥「私のできる範囲でやってみます」

上司から「○○やっといてくれる?」と仕事を任されたとき

「私のできる範囲でやってみます」なんて答えてしまう。


これも『仕事ができない人』が言いがちな口癖なのです。


自分では「頑張ります」のつもりで言っている言葉だとしても

これを言われた方は「できる範囲でしかやらないの?やる気がないの?」と

嫌な気持ちになります。


それに「もしできなかったときはごめんなさい」と

保険をかけているようにも捉えられる言葉。


「○○は経験がないので経験者に聞きながら挑戦してみます」と

返すことが無難でしょう。


⑦「忙しいから他の人に聞いて」

『仕事ができない人』は

部下や後輩社員から仕事の相談を受けたとき最後まで質問を聞かずに


「今忙しいから他の人に聞いてくれる?」と言って突き放してしまいます。


本当に忙しくて時間や心の余裕がないから無意識に出てしまった言葉だったとしても


周りの人には「下を育てる意識に欠けている」

「無愛想」と思われてしまいます。


仕事ができる人は他の人任せにすることなく

例え何度同じことを聞かれようとその都度教えます。


教えることで仕事ができる社員を育成しては

自分の負担を減らしているのです(^_-)-☆


⑧「私のせいなの?」

職場で何かトラブルが起きるたびに

「それって私のせいじゃないですよね?」

なんて言ってしまうのも仕事ができない人の口癖。


これは責任感がない人がよく言う言葉でもあります。


自分が原因で問題が起きた場合

それ以上責められたくないから言っています。


そうやって責任転嫁しておくことで

自分に来る追求から逃れようとしているのです。


そして自分ではなく

他の人が原因で問題が起こったときにも言ってしまうのは

面倒なことに巻き込まれたくないから。


「私は悪くない」という態度は周りの反感を買ってしまいます。


⑨理解していないのに「わかりました」

新入社員だけではなく

そこそこ長く勤めている社員の中にもいる仕事ができない人の口癖。


それは言われたことを理解していないのに「わかりました」と返事する事です。


指示されたことに対して深く理解できていないのに、わからないと言えなくて

「わかりました」と言ってしまう・・・


そのせいでいつまでも同じ失敗を繰り返します。


「わかりません、教えてください」と素直に言えないのは

言ったら怒られるかもとか恥ずかしいと思うから。


しかし仕事ができない人にならないために、勇気を出すべきです。


仕事ができない人の口癖は全て『ネガティブ』なワードが多い。

これからはポジティブな言葉を多く口にするようにすれば

きっと良いことがあります。


アシストライン株式会社

URL:https://www.osaka-line.com/

電話番号【事務所】 072-968-3320

電話番号【代表直通】080-5710-9990

FAX番号 072-968-3321

住所 〒578-0904

大阪府東大阪市吉原2-6-11

メールアドレス info@osaka-line.com

LINE@公式アカウント

『軽貨物運送アシストライン株式会社』


「無料・かんたん・問合せ♪」

対応エリア:大阪府を中心に日本全国 

主な業務内容

単身引越/ 家具・家電配送/ペット輸送/ 緊急配達/レンタルトラック/貸切運送/ 物流アウトソーシング 「物流のことなら何でもご相談下さい。」

特集記事

最新記事

アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
Contact

コンタクト

物流のコスト削減を実現する運送・配送サービスを提供します。
 

当日運送・緊急便・貸切便・チャーター便のほか
専属配送や軽貨物運送
を通じて「感動を与える」サービスを目指します!

  • Facebook

facebook

  • Instagram

Instagram

FAX番号:072-968-3321

〒578-0904

大阪府東大阪市吉原2-6-11

LINEロゴ(アシストライン).png
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitter(アシストライン株式会社)
  • Instagram
  • YouTubeの社会のアイコン

365日24時間対応
配車可能か5分で回答

M_edited.jpg
btn_line.png

『緊急対応承ります』