★【特効薬】ビジネス・事業で車両削減するノウハウとコツ

原材料費・人件費・施設管理費など 企業の利益を左右する必要経費は多岐にわたります

無駄が発生しないように経営者や経理担当者は日々模索しています。


車両の購入費はもちろん

車検・メンテナンス・燃料代など必要経費が大きくのしかかります。


車両の削減は、手っ取り早くコストダウンが可能です。 しかし実際にどの程度削減すべきかを判断するのは簡単なことではありません。


今回は法人企業が車両を削減する際の注意点から具体的な方法とコツを解説します。


新型コロナの影響で経済が冷え込む今 車両削減を進めるべきか否か

新型コロナ感染拡大に伴う政府・自治体からの外出自粛


さらには休業要請の影響で国内経済が大きく停滞しております。 多くの企業と個人事業主ビジネスは

売り上げ減少による経営悪化に頭を悩ませ少しでも無駄なコストダウンしようと知恵を絞っています。


まさしく非常事態と言える今


経費の中でもコストがかかる車両を下取り・買取・廃車で

手放そうと考えている企業も少なくはないはずです。


しかし、ただ闇雲に数を減らしてしまって コロナが落ち着き経済が戻った後

今まどおりの営業力が確保できない可能性もあるのです。


車両数をカットすることで業務スピードが鈍化する業種もありますし

素早く動くことができずにサービスやフォローの質が低下する場合も。


つまり、コストカットによって急場をしのげても

売り上げを回復させる手段と方法も一緒にカットする可能性も考えられるため

しっかり考慮をしたうえで車両削減を実施しましょう。


答えはデータにありですね。

最適な車両台数を明確にするには

稼働率や1台当たりの生産性をデータで

捉え分析を行います。


企業の業態や保有台数・営業エリアに

よって課題が異なります。






都心・地方によって違う? それぞれの課題と車両削減のタイプ

車両削減とひとことで言っても

都心と地方では異なります。


公共交通機関が充実している都心部は社用車に着目

通勤車両が多い地方部は自家用車に着目しましょう。


都心部

通勤手段を公共交通機関にスイッチしやすく

駐車場代・交通量が多いことによる事故リスクを回避しやすいのがポイントです。


地方部

は稼働エリアが広くなり、社用車数の見直しは難しいものの

次の課題を意識したうえで通勤車両を削減すれば

継続的にコストカットを進めることが可能です。


  • 駐車スペースの圧迫・・・「駐車場賃料・管理費」の増加

  • 公共交通機関への転向・・・「通勤手当」の増加

  • 運転技術・安全意識のばらつき・・・「事故発生率」の増加


都心部の企業が車両削減を進めるポイントと具体策
都心部の企業が車両削減を進めるポイント

都心部の企業が社用車削減を進めるうえで留意すべきポイントは

車両管理システムが有する予実管理機能の活用により

予約時間を分散して空予約の削減を図ることです。



「空予約」とは

利用実績以上に予約されていることを指し午前中予約がいっぱいで抑えられなかった会議室が

午後は誰も利用していないのと同じようなコトを言います。


社用車は使用中に動いていますが

予約したものの訪問先の都合で急きょ予定がキャンセルになったり

交通渋滞などで帰社時間がずれ込んだりするケースもあり得るからです。


車両管理システムは複数車両の予約・利用実績をITで一元化でき

使用の有無や予定の変更・削除などの情報をリアルタイムに反映します。


どの車両がいつ利用可能か可視化されるため

車両管理者と従業員間で予実状況を簡単に共有できるのが特徴です。


また車載デバイスから取得された情報によって

稼働実績を自動的に記録かつ随時更新されるため

最新の車両利用状況に応じたタイムリーで効率的な予約が可能となりますので

1台当たりの稼働力を向上させることができます。


『車両管理システムの導入』により従業員の動態管理の徹底

運行日報作成の自動化・見える化による管理工数の軽減など

生産性向上に直結する業務改善効果も期待できます。


つまり

車両管理システムの活用により予実状況の共有と

1台当たりの仕事量向上を実現できれば

業務に支障が出ない範囲での最適な車両削減が可能となります。


コロナというピンチを乗り切るだけではなく

業務改善を進めるチャンスに変えられるかもしれません。


地方企業が車両削減を進める問題は自家用車? ポイントと具体策
シャトルバスを使ってコストダウン

通勤車両を減らすためには

代替となる公共交通機関(バスや電車)サービスが必要です。


しかし最寄り駅などへのアクセスが良くない地域ではどうしてもマイカーに頼らざるを得ません。



地方ではマイカー通勤が多い

多くの企業は距離に応じてマイカー通勤者へ毎月

「通勤手当」を支給し駐車スペースの確保をしています。


通勤車両の数が増えるほどこれらの必要経費が膨れ上がります。


通勤手当の支給額に法的な基準はないため事業主の判断で上限を設定できます。


以下で示す所得税の「非課税限度額」を目安に

1カ月当たりの支給額を決めている企業が大多数を占めています。


【マイカー通勤手当の非課税限度額】

2km未満全額課税

2km以上10km未満4,200円

10km以上15km未満7,100円

15km以上25km未満12,900円

25km以上35km未満18,700円

35km以上45km未満24,400円

45km以上55km未満28,000円

55km以上31,600円

(片道の通勤距離1カ月当たりの限度額)


例えば

従業員「25名」がすべてマイカー通勤で平均片道距離が「20km」だとすると


12,900円×25名×12ヶ月=「387万円」

経費が通勤手当だけにかかってしまう計算になります。



自社送迎バスを運用の費用は意外とかかる

そんな中

多くの企業で導入が進んでいるのが会社と最寄駅。もしくは自宅近くに集合場所を設定し通勤手段を確保する シャトルバスです。


大企業は自前で送迎バスを運用しているケースもあります。



以下のようなコストと手間(人件費や車両維持費や燃料代など)がかかります。

  • 車両購入・維持費(保険・税金・燃料代など)

  • ドライバーの人件費

  • 運行ダイヤ・ルートの設定

  • 事故発生時の処理

  • 故障時の代行車両手配

中小規模の事業所

シャトルバスに転換できれば 十分な費用対効果を期待

各運送業者が提供している契約シャトルバスを採用する事が現実的ですね。


料金は地域・運行エリア・提供会社によって変わりますが、朝夕の送迎で1日・2万円程度が相場です。


月20日出勤ならば月間の費用は40万円ほどとなりますね。



先ほど算出した通勤手当並びに事務コスト+工数削減を考慮すると

25~27名程度をマイカー通勤からシャトルバスに転換できれば

十分な費用対効果を期待できるでしょう。


1社1台にこだわる必要はありませんので

同じエリア内にある複数社で運用するのも一つの手段です。


「車両管理システム」を用いて走行データを集め

最適な運行ルートを設定することで効率よくローコストで

通勤車両を削減することも可能です。


契約シャトルバスを導入すれば

契約シャトルバスを導入でリスクマネジメント

自前送迎バス運用時のコストや手間がかかりません。


交通事故予防や駐車スペースの削減・

出退勤管理の徹底・福利厚生の充実

CO²削減による社会的貢献など


経費削減だけに留まらない多岐にわたるメリットも発生します。


とくに

交通事故発生リスクを低減できる効果は大きく

プロドライバーが運転するため安全性の著しい向上が見込めます。


万が一事故が発生しても人的・物的賠償責任はすべてバス会社が負うため

企業のリスクマネジメントを大幅に改善可能です。


また

ルート営業営業スタッフが 商品の配送をしている場合など

積極的に配送を切り離して軽貨物運送会社に配送委託するのも手段の一つです。


営業スタッフは営業に専念して

配送は専門業者に委託する事でコスト管理もしっかり出来るでしょう。


「営業コスト」「輸送コスト」

この二つを切り離してコスト管理がしやすくなります。


軽貨物運送アシストラインでは、薬の配達・検体交付など

今まで営業スタッフがしていた配送を請負っています。


お客様の要望に合わせて「スーツ着用」での配送など

社員様と同様に業務を致します。

お気軽にお問合せください。



まとめ

カーシェアリングの併用

法人がビジネスで車両削減を進めるポイントを都心部・地方部に分けて解説いたしました。

カーシェアリングの併用も含め

総合的にコストカットの対策を行わなければ日に日に厳しさを増す経済状況を乗り切ることが難しくなります。


新型コロナの脅威が過ぎ去るのをただ待つのではなく

「車両管理システム」を始めとする業務改善ツールや

トヨタのレンタカー・リースサービスなどをフル活用し

企業を上げて積極的に経費削減を進めるべきかもしれません。



物流コストを削減すれば、利益を出しやすくなります。


利益を生むのは営業部門だと考えがちですが物流部門も利益を生み出す力を持っているのです。


物流コストには削減の余地がたくさんあります。


大阪の軽貨物運送で365日24時間営業

『大阪緊急便・夜間/早朝・緊急当日配送いたします。


緊急配達トラック/貸切運送/単身引越/家具冷蔵庫運送/物流アウトソーシング等』



倉庫保管・出荷・配送請負います。 コンテナ入庫・荷下ろし(デバンニング)・在庫管理など

軽貨物運送・物流倉庫で物流・配送・配達コストの削減をご提案いたします。


お気軽にお問合せください。


○●----------------------------------------------------●○

大阪軽貨物運送『アシストライン株式会社』

https://www.osaka-line.com/


配車受付 電話:072-968-3320 (配車担当本名まで )

○●----------------------------------------------------●○


LINE@公式アカウント

『軽貨物運送アシストライン株式会社』


「無料・かんたん・問合せ♪」






特集記事

最新記事

アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
Contact

コンタクト

物流のコスト削減を実現する運送・配送サービスを提供します。
 

当日運送・緊急便・貸切便・チャーター便のほか
専属配送や軽貨物運送
を通じて「感動を与える」サービスを目指します!

  • Facebook

facebook

  • Instagram

Instagram

FAX番号:072-968-3321

〒578-0904

大阪府東大阪市吉原2-6-11

LINEロゴ(アシストライン).png
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitter(アシストライン株式会社)
  • Instagram
  • YouTubeの社会のアイコン

365日24時間対応
配車可能か5分で回答

M_edited.jpg
btn_line.png

『緊急対応承ります』