梅雨と病気;暑さ湿気が体に悪影響



6月に入り、各地で梅雨が始まりました。

梅雨になると植物にとってはよい季節かもしれませんが、人間にとっては、いろいろな病気が発症しやすくなる季節。


私たちの体は多くの水分で成り立っているので、外気の湿度が高くなると、水を処理する機能が低下している人は、体調が悪くなります。

しかし、体調不良を訴えるのはこのように体の機能が弱っている人だけではありません。


梅雨は、どのような人でも体の中の水分を発散させにくくなり、いわゆる漢方でいわれている「水毒」がたまりやすい時期で、免疫力が低下しやすいとされ、このため梅雨独特の体の不調を訴える人が多いのです。




具体的な症状をあげると、体がだるい(倦怠感)、食欲不振、下痢、むくみ、神経痛、リウマチ、喘息(ぜんそく)、皮膚病(アトピー、水虫)の悪化などです。


梅雨時に症状を悪化しやすい人は、日頃から胃腸の機能が弱く、冷え症であまり食べないけれども、水太りしやすく、汗をよくかき、また肝機能が悪く、いつも疲れやすい人に多く見られるようです。今回は梅雨の時期独特の病気を紹介し、その対策について紹介していきます。


梅雨時のかぜの症状は、体が重だるく、食欲が低下したり軟便や下痢気味になったりと胃腸の機能低下を伴う反面、高熱が出ることが少ないのが特徴。


熱は微熱程度がほとんどで、午後から夜にかけて高くなる傾向です。


頭痛や肩の痛みなどが伴う場合も、痛み方は重だるく、鈍い痛みや帽子をかぶったような感じです。


こういったケースのかぜは、市販の一般的な総合感冒薬より、症状と体質に合った漢方のかぜ薬の方がよいでしょう。



食中毒



食中毒というと、一般的にレストランや旅館などの飲食店での食事が原因と思われがちですが、毎日食べている家庭の食事でも発生しており、発生する危険性がたくさん潜んでいます。

ただ、家庭での発生では症状が軽かったり、発症する人が1人や2人のケースが多いことから、かぜや寝冷えなどと勘違いされがちで、食中毒とは気づかれずに重症になってしまうことがあります。


食中毒を起こす菌はサルモネラ菌、腸管出血性大腸菌O-157、腸炎ビブリオ菌、ブドウ球菌、ボツリヌス菌、毒素原性大腸菌などが挙げられます。


ブドウ球菌、ボツリヌス菌を除けば、多くの細菌は食品を加熱することによって死滅しますので、食中毒の予防が可能です。


サルモネラ菌のように、食品の摂取から下痢、発熱などの症状が出るまでに6~8時間以上もかかる感染型と、ボツリヌス菌のように食品の摂取から数時間以内に激しい嘔吐(おうと)を伴う症状が出る毒素型があります。


食中毒予防の3原則

【清潔】細菌をつけないために=調理する人も、食べる人もよく手を洗いましょう。まな板、布巾は常に清潔に。


【迅速】細菌が増えるための時間を与えないために=生ものは買ってからできるだけ早く調理し、調理後は早く食べましょう。置いておく時も室温に置かずラップをして冷蔵庫に入れましょう。冷蔵庫を過信するのをやめましょう。扉を開けている時間は短く。


【加熱と冷却】温度条件を与えないために=加熱する食品は、中心部まで熱が通るように充分加熱しましょう。保存する場合は5度以下で。



梅雨時に発症しやすい病気


リウマチ



リウマチは明確な原因が特定されていませんが、免疫異常によって引き起こされるとされており、骨や関節、筋肉など体全体で慢性的多発性関節炎が起こります。遺伝的な原因によって引き起こされる場合もあるとされていますが、この辺もやはり、はっきりとしたことは分かっていません。

梅雨の病気としてリウマチを挙げるのは、湿気はリウマチが悪化する要因の1つのため。


リウマチは梅雨のように湿度の高い時をはじめ、寒冷の季節、疲れやストレスの蓄積によって悪化するといわれていますが、漢方でいうところの「水毒」がたまった状態であることが大きな要因。


この辺から胃腸機能が弱い人、冷え症の多い女性などがリウマチにかかることが多いようです。 リウマチはぜんそくと同様、根治が難しい病気といわれてますが、対策1つで進行を抑制したり、予防することができます。

リウマチ対策としては、湿気を取り除くことが一番の近道。除湿機をかける、換気をよくすることを心がけましょう。



水虫



水虫は梅雨を代表する病気の1つに挙げられます。

梅雨の時期は高温多湿、かつ雨が多く降るために密封性の高い革靴やブーツなどを履く機会が増え、水虫の原因となる「白癬菌」の繁殖に最適な環境を整えてしまいがち。

水虫は足指の間にできるものから、頭(しらくも)、体(たむし)、手・手の爪、股(いんきんたむし)と全身にできるものまで、日本では4人に1人が水虫にかかっているともいわれています。


特に靴、靴下を履くことから、足の指が水虫にかかりやすい部位であることは知られており、一度、水虫になると根治が非常に難しいです。


水虫の対策は次のとおり


■清潔・乾燥水虫対策はこの2つで決まるといっても過言ではありません。 毎日、しっかりと手足を洗い、乾燥させることで、進行抑制・予防につながります。


■外用薬ただ患部につけるというのでは効果は半減。 ちゃんと患部を清潔にしたあと、「皮膚がやわらかいうち」につけると効果的です。



神経痛



神経痛とは、何らかの原因によって末梢神経が刺激され、その神経に沿った部分に急激な痛みを伴う病気をいいます。また、神経痛はその部位によって呼称が変わってきています。


顔や頭に痛みが出る場合は「三叉神経痛」、胸や背中の場合は「肋間神経痛」、足腰の場合は「坐骨神経痛」と呼ばれます。

末梢神経が刺激される原因としては、脊椎・脊髄の異常並びにその周辺の骨や筋肉などが変形して知覚神経を圧迫することが挙げられます。


また、糖尿病、貧血、アルコール中毒などの合併症として神経痛が発症するともいわれており、これらの病気を持つ人は要注意です。

リウマチと同様、湿度が高くなる梅雨の時期、疲れ・ストレスの蓄積、寒冷の季節、ホルモンバランスの乱れなども原因並びに悪化の原因と考えられています。

神経痛対策は次のとおり


■湿気を取り除く除湿機をかける、換気をよくすることを心がけましょう。


■血行をよくする適度な運動、血行をよくする食事の摂取は、血行だけではなく、代謝もよくします。


■ストレス・疲れをためない心身ともの休息、睡眠を充分にとりましょう。



アトピー



意外と知られていないのが、梅雨の時期のアトピー性皮膚炎の悪化・増加。

アトピー性皮膚炎は、慢性的にかゆみを伴う湿疹が顔、ひじ、ひざなどを中心にできることを指しますが、その原因は卵、牛乳・乳製品、カビ、ダニ、ハウスダスト、乾燥肌などが挙げられます。


また、最近の社会環境、住環境の整備により、人間の免疫力が低下して、これらのアレルギー性物質に過剰に免疫反応してしまうことも原因の1つと考えられています。

特に梅雨の時期にアトピー性皮膚炎が悪化・増加するのはカビ、ダニ、ハウスダストといった住環境に起因するものです。


アトピーの対策は次のとおり


■こまめな掃除こまめに掃除機をかけ、原因となるものを家の中に残さないのが大切。 また掃除機から出る排気にハウスダストが含まれることもあるので、窓を開けるように心がけましょう。


■換気の徹底機密性の高い現在の住宅では原因物質が繁殖しやすくなっており、また湿度が高い梅雨の時期はさらに条件が整ってしまいます。換気を徹底して行うことは、原因物質の繁殖抑制につながります。

○●----------------------------------------------------●○

『緊急のお荷物今からスグに全国に配達します』

大阪の軽貨物運送で365日24時間営業

急ぎでお荷物を運びたい方(緊急)チャーター便・夜間/早朝・緊急当日配送

軽トラック・チャーター・2t・4tトラック今からスグに手配します。

○●----------------------------------------------------●○

軽貨物運送で物流・配送・配達コストの削減をご提案致します。

大阪軽貨物運送アシストライン株式会社

配車受付 電話 072-968-3320  配車担当まで https://www.osaka-line.com/



特集記事

最新記事

アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
Contact

コンタクト

物流のコスト削減を実現する運送・配送サービスを提供します。
 

当日運送・緊急便・貸切便・チャーター便のほか
専属配送や軽貨物運送
を通じて「感動を与える」サービスを目指します!

  • Facebook

facebook

  • Instagram

Instagram

FAX番号:072-968-3321

〒578-0904

大阪府東大阪市吉原2-6-11

LINEロゴ(アシストライン).png
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitter(アシストライン株式会社)
  • Instagram
  • YouTubeの社会のアイコン

365日24時間対応
配車可能か5分で回答

M_edited.jpg
btn_line.png

『緊急対応承ります』