★Amazonの脅威?『Shopify(ショッピファイ)』が急成長!


「Shopify(ショッピファイ)」ってご存知ですか?
Shopify(ショッピファイ)はカナダ発の 世界最大のECサイト制作プラットフォーム

日本でもShopify(ショッピファイ)を利用する企業が増えており

今、ECサイト制作の流行の最先端にある注目のサービスです。

「シンプルで高機能」なことを理由に世界中に広まり

今では世界175ヶ国で60万以上の店舗で利用されています。


ネットショップでは、大手プラットフォームのAmazonや楽天市場・ ヤフーショッピングと合わせて自社ショップを作る際に

利用できるサービスですね♪ 日本では『BASE』も有名ですね。

Shopifyの株式チャート


Shopifyとは? どんなサービスを提供しているのか?

Shopify(ショッピファイ)は ECサイト開発・運営を助けるプラットフォームです。

175か国100万ショップ以上に導入されるまで成長を遂げたカナダの企業です。



 これまでならECサイト(自社ネットショップ)を展開するには

自社でサーバを用意しパッケージを導入する必要がありました。


しかしShopify(ショッピファイ)では

サブスクリプション型(定額課金型)のサービスモデルで

ECサイトを開設できる容易さが評価されているようです。


 日本語にも対応していて、多言語・多通貨・

海外配送も簡単にできるため越境ECなどにも向いています。


 Shopifyでアカウントを作成すれば

管理画面で設定を行うだけでECサイトを作成できるます。

サーバやネットワークの管理といった負担から解放されます。



14日間の無料期間の後

ベーシックプランであれば月額29ドルを支払えばよく

初期費用はかからないようです。


 デザインの変更も容易で

公式ストアに公開された数十もの「テーマ」を使えば

ITエンジニアやデザイナーを雇わなくても

高品質なデザインがサイト全体に適用できます。


さらにはサードパーティ(=外部開発サービス)の開発者が公開している「アプリ」を導入すれば不足している機能も追加できます。


 ShopifyはECサイト運営で頭を悩ます業務について

とてもよく考慮されています。


たとえば

昨今ECサイト事業者を悩ませる「オムニチャネル」への対応も可能。


オンラインストア・ソーシャルメディアさらには

実店舗での情報もまとめて管理できる

のは強みの一つでしょう。


大手企業でも縦割りの仕組みになっていることが多い中

顧客情報・商品情報・在庫情報が一括で管理できるため

各チャネルを統合できるのは魅力的です。



決済の面では クレジットカードやApple Pay・Google Payと

いった多様な手段に対応しており

PayPalやStripeといった外部サービスとの連携も行われています。



アマゾンや楽天とあわせて 自社ECサイトを開設する理由

企業がECを始める場合


特に日本ではアマゾンや楽天・ヤフーショッピングといった モールに出店する場合が多い傾向です。


そのモールの集客力を活かし

参加すればすぐに消費者へ商品を届けられるのが利点です。


顧客から見ると、あくまでモールの上で商品を購入したと認識しているため

その出品者のブランドが認知されにくいのです。


また送料を巡るトラブルのように

交渉力の強いモール運営企業と出品者が対立するケースもあります。


モールでの販売に向いているのは、差別化が難しい商品です。


一般的な日用品のように

消費者がブランドに対するこだわりなく買い物をするような場合

モールの集客力を生かして、少しでも多くの消費者の目に

触れる方が売り上げにつながります。


 一方で

有名なスポーツブランドやファッションブランドのように

指名買いが生まれる状況では

モールよりも独自サイトを設けたほうが利益につながりやすいでしょう。



商品力があって差別化戦略がとれる企業は

自社ブランドを確立できるでしょう。


その場合は自社サイトをEC戦略の中心に据えたほうが良いしょう。




近年、人気を集めているワークマンがモールから撤退し

自社ECへと注力することを発表したのも

その表れと言えるかもしれないのではないでしょうか。


 Shopifyは出店者のあくまで裏方に徹しているということです。


一方でアマゾンは一部裏方に徹しているサービスもありますが

基本的には自社のシステムの中に取り込んでいこうとする。


Shopifyが「アマゾンキラー」と呼ばれるのはそうした理由です。


大阪で軽貨物運送業者をお探しなら『アシストライン』

配送委託|アウトソーシングに関するご相談お見積り無料


御社の社員同様に業務致します。

服装・車両・ドライバーご希望に応じて提案します。


LINE@公式アカウント

『軽貨物運送アシストライン株式会社』

「無料・かんたん・問合せ♪」


会社名 アシストライン株式会社

電話番号【事務所】 072-968-3320

電話番号【代表直通】080-5710-9990


FAX番号 072-968-3321

メールアドレス info@osaka-line.com


住所 〒578-0904 大阪府東大阪市吉原2-6-11

営業時間 8:00~18:00

対応エリア:大阪府を中心に日本全国 

主な業務内容




特集記事

最新記事

アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
Contact

コンタクト

物流のコスト削減を実現する運送・配送サービスを提供します。
 

当日運送・緊急便・貸切便・チャーター便のほか
専属配送や軽貨物運送
を通じて「感動を与える」サービスを目指します!

  • Facebook

facebook

  • Instagram

Instagram

FAX番号:072-968-3321

〒578-0904

大阪府東大阪市吉原2-6-11

LINEロゴ(アシストライン).png
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitter(アシストライン株式会社)
  • Instagram
  • YouTubeの社会のアイコン

365日24時間対応
配車可能か5分で回答

M_edited.jpg
btn_line.png

『緊急対応承ります』