引越しを機に冷蔵庫を処分する方法



冷蔵庫は、2001年に施行された「家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)」によって、指定引取場所で処分することになりました。


引き取ってもらうには、リサイクル料金が必要です。粗大ゴミのように自治体で引き取ってはもらえないので、注意しましょう。


冷蔵庫の処分は家電リサイクル法に従う


引越しを機に冷蔵庫を買い換えるなど、いままで使用していた冷蔵庫を処分することになった場合、家電リサイクル法(特定家庭用機器再商品化法)に従って処分することになります。家電リサイクル法では、冷蔵庫を処分する場合、「家電量販店に引き取ってもらう」か「指定引取場所へ持ち込む」ことになっています。処分するときには、リサイクル料金を支払って、冷蔵庫用の家電リサイクル券を購入する必要があります。


家電量販店に引き取ってもらう


冷蔵庫を処分する方法としては、新しい冷蔵庫を購入する家電量販店か処分する冷蔵庫を購入した家電量販店に引き取ってもらうのが一般的です。家電量販店に冷蔵庫を引き取ってもらう場合、リサイクル料金と収集・運搬料金は、家電量販店で支払います。後日、家電量販店から依頼された回収業者が、冷蔵庫を引き取りに自宅へ訪問します。


ちなみに、旧居と新居が近い場合、引越し前に旧居で冷蔵庫を引き取ってもらい、新しい冷蔵庫を新居へ届けてもらうと、荷物の量を減らすことができるので、引越し料金を節約できる可能性があります。


指定引取場所で冷蔵庫を処分する


冷蔵庫を購入した家電量販店が引越しで遠くなってしまった、家電量販店が閉店してしまった、もらいものだから購入店がわからない等々、さまざまな理由から家電量販店で引き取ってもらえない場合、指定引取場所で冷蔵庫を引き取ってもらうことになります。


指定引取場所は、自治体に問い合わせれば、最寄りの場所を教えてもらえます。指定引取場所ではなく、商品を購入しなくても引き取ってもらえる家電量販店を教えてくれることもあります。


指定引取場所を教えてもらったら、指定引取場所へ連絡をして、冷蔵庫を持ち込むか、自宅まで回収に来てもらうかを決めます。回収に来てもらう場合は、リサイクル料金とは別に、回収費用が必要です。リサイクル料金は、郵便局に備え付けられている家電リサイクル券を利用して支払います。


冷蔵庫をリサイクルショップで買い取ってもらう


処分する冷蔵庫がまだ新しい製品であれば、リサイクルショップで買い取ってもらえることがあります。この場合は、家電リサイクル券を購入する必要はありません。リサイクルショップに買い取ってもらえる目安は、冷蔵庫が人気機種で、なおかつ、一般的には製造から5年以内と言われています。


リサイクルショップ以外にも、ネットオークションや個人売買のウェブサイトで売ることができますが、冷蔵庫のような大型家電は梱包や運搬の手間が大きいので、処分したほうが楽かもしれません。


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

大阪 冷蔵庫の運搬配送はアシストラインにご相談ください。

大阪 運送 アシストライン株式会社

お問合せ 072-968-3320

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

特集記事

最新記事

アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
Contact

コンタクト

物流のコスト削減を実現する運送・配送サービスを提供します。
 

当日運送・緊急便・貸切便・チャーター便のほか
専属配送や軽貨物運送
を通じて「感動を与える」サービスを目指します!

  • Facebook

facebook

  • Instagram

Instagram

FAX番号:072-968-3321

〒578-0904

大阪府東大阪市吉原2-6-11

LINEロゴ(アシストライン).png
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitter(アシストライン株式会社)
  • Instagram
  • YouTubeの社会のアイコン

365日24時間対応
配車可能か5分で回答

M_edited.jpg
btn_line.png

『緊急対応承ります』