★トラック・テクニック『車間距離』はどれくらいあれば良いの?


トラック・テクニック『車間距離』はどれくらい?

ドライバーが危険を察知してからブレーキを踏んで車が停止するまでは

「制動距離」「空走距離」「停止距離」の3つに分けられます。


これら3つの違いについてあいまいな状態で

把握している人も多いかもしれません。


こんにちは

大阪で軽貨物運送が得意な『アシストライン』社の矢野です。


上記3つの違いについて説明するとともに

計算方法や事故防止のポイントなどについて解説していきます。


『制動距離』を押さえよう

車の制動距離とは

ブレーキを踏んで

停止機能が利き始めてから停止するまでに車が走行した距離を指します。


この際

アクセルからブレーキに足を踏みかえて

実際にブレーキが作用するまでの瞬間は加えないのがポイントです。


また

実際の『制動距離』は車の速度やタイヤの摩耗状態

路面状況などの影響により同じ車種でも

大きく変化してしまいます。



反応する時間が大切!車の「空走距離」

『空走距離』とは

ドライバーが危険を察知し

アクセルからブレーキに踏み変えて

ブレーキが利き始めるまでの

走行距離です。 また

空走距離にかかる時間を

反応時間(空走時間)といいます。 『反応時間』は人によって速かったり遅かったり差がありますが

平均的には0.75秒です。 (あくまで平均値であることに留意しましょう) たとえば

普段は反応時間が早いドライバーでも

疲れていたり考え事をしたりしながら運転していた場合


反応時間は長くなり

同時に空走距離も長くなってしまいます。 また

「わき見運転」や「ながら運転」をしている場合も

反応時間は長くなります。

「反応時間」が長くなり空走距離が長くなるということは

車が停止するのに時間がかかるということであり

事故につながりやすいので注意が必要です。 一瞬の気の緩みが重大な事故につながることを

念頭に置いて運転しましょう。



「停止距離」=「制動距離+空走距離」

車の『停止距離』とは

空走距離と制動距離を合計した距離を指します。


ドライバーが「車を停止させよう」と感じてから

ブレーキを踏み

そこから車が実際に停止するまでの距離の

すべてが停止距離となるわけです。


停止距離が長くなれば

それだけ事故を起こす確率が高くなってしまいます。


そのため

なるべく急ブレーキを踏むことがないように

注意して運転する必要があります。


特に天候が悪い日やドライバー自身の体調が優れないなどの場合は

反応時間が遅くなる可能性があるため

普段以上に気をつけて運転しましょう。



『制動距離』と『空走距離』の計算方法

『制動距離』と『空走距離』を算出して事前に把握しておくことは

安全運転と事故防止につながります。 まず

制動距離の計算式は

「車の速度(時速〇km)の2乗÷(254×摩擦係数)」です。 摩擦係数とは

タイヤと路面の摩擦具合を表す数値で

一般的には乾いた路面であれば0.7

濡れた路面であれば0.5で計算します。 たとえば

車速が50kmで乾いた路面を走る場合

制動距離は約14mとなります。


計算式は「(50×50)÷(254×0.7)=14.06」となり

もっとも

摩擦係数は路面におけるさまざまな状況によって

変化することに留意しておきましょう。


次に

空走距離は

「反応時間(秒)×車の速度(m/秒)」

で求めます。 たとえば

車速50kmの場合で反応時間を一般的な数値である0.75秒とすると

約10.4mとなります。


空走距離の計算式は

「0.75×(50000÷3600)=10.41…」 時速50kmでの場合

制動距離の14mと空走距離の10.4mを合計すると

停止距離24.4mというわけです。


もっとも

この数字は時速50kmで計算したものなので

高速道路ではさらに長くなります。 また

例で挙げた数値はあくまでドライバーの状態や

道路状況などの条件を省いた平均的な数値なので

実際はもっと長くなることを意識しておいたほうがよいでしょう。



『ハイドロプレーニング現象』雨の日は注意!

『制動距離』『空走距離』『停止距離』は

路面の状態によって大きく変化することに注意する必要があります。

特に気をつけるべきなのが

「ハイドロプレーニング現象」です。 これは

車が雨の激しい日の道路や水たまりなどを走行した際に

滑りやすいことからハンドルやブレーキが

利かなくなる現象です。 別名

『水膜現象』や『アクアプレーニング現象』

とも呼ばれています。 雨天時は

晴天時よりも交通事故発生件数が多くなるので

『ハイドロプレーニング現象』について基本を押さえ

安全運転を心がけることが大切です。

『ハイドロプレーニング現象』はどうして起きる?

『ハイドロプレーニング現象』は

雨天時の道路を走っているときに濡れた路面とタイヤのあいだに


水が入り込み、車が水上を走るような状態になることで発生します。 本来であれば

接していなければならないはずの路面とタイヤが

水が入ることで離れてしまい

そのまま走行するのでハンドルやブレーキが利かなくなってしまうのです。 『ハイドロプレーニング現象』は

時速80km以上で走ると起きやすいといわれており

高速道路で特に発生しやすくなっています。 もっとも

一般道であってもスピードの出し過ぎには注意が必要です。

一方で

低速であれば『ハイドロプレーニング現象』が

起きないかといえば、そうでもありません。 あくまでも

高速の場合に発生しやすくなるというだけであって

低速の場合も油断は禁物です。 路面を流れる水の量や速さ

水たまりの深さなどにより

低速でも『ハイドロプレーニング現象』は発生します。

『ハイドロプレーニング現象』を予防 するために気をつけたいこと

『ハイドロプレーニング現象』を発生させないために


考えられる対策としてはなるべく

雨の日や濡れた路面の走行を避けることが挙げられます。

しかし

実際は晴れや曇りの日だけを選んで

走行するというわけにはいかないでしょう。

そこで

濡れた道路を走らなければならない場合に備えて

「タイヤの空気圧を規定値に保つ」

「古いタイヤを使用しない」

「溝が摩耗しているタイヤを使わない」

といったことに気をつけることが大切です。 特に

タイヤの空気圧が足りないと

道路を走る際の摩擦力を維持できなくなるため

『ハイドロプレーニング現象』を誘発しやすくなります。 タイヤの空気圧は外気温などによっても変化するため

空気圧が不足していないかどうかは

定期的に点検することが必要です。

『ハイドロプレーニング現象』が 起きてしまったら

実際に『ハイドロプレーニング現象』が起きてしまった場合

急にハンドルやブレーキが利かなくなりますが

決して慌ててはいけません。 最も大切なのは「慌てず何もしない」ことです。 そもそも

ハンドルもブレーキも利かない状態になっているので

これらを操作することに意味はありません。

むやみにハンドルを操作して

あらぬ方向に車を走らせてしまうことだけは

避ける必要があります。 『ハイドロプレーニング現象』が起きてしまったら

そのまま走行して減速させるのが基本的な対処法です。 なおハンドルの操作はしてはいけませんが

一般道路を走行中であれば、クラクションを鳴らして

周囲に危険を知らせることも重要です。



実際に計算することで事故防止に役立つ

車の『制動距離』『停止距離』

『空走距離』の

違いについて基本を押さえることは

交通事故の防止にもつながります。


危険を察知してからブレーキを踏んで

車が停止するまでの時間と距離を

実際に計算式に当てはめて計算してみることが大切です。


そうすると

想像よりも時間も距離もかかっていることが分かるでしょう。


実際の距離はドライバー自身や道路

天候などの状態によって変わってきます。

それでも大まかに時間や距離を把握しておくことが重要です。


また

雨の日の『ハイドロプレーニング現象』についても基本を確認し

防止策や対応策を頭に入れて運転することが事故の防止に役立ちます。



3つの違いを押さえて安全運転につなげましょう!

ブレーキを踏んで車が止まるまでの距離や時間は

一瞬のように思えても意外と時間がかかっています。


『制動距離』『停止距離』『空走距離』を

それぞれ正確に算出することは難しいですが


大切なのは

「車が停まるまでに思ったよりも時間がかかっている」

ということへの理解です。


実際に計算し

数値として視覚的に認識すると分かりやすいでしょう。


大阪で軽貨物運送業者をお探しなら 『アシストライン』へ

物流アウトソーシング

御社の社員同様に業務致します。


服装・車両・ドライバーご希望に

応じて提案します。


LINE@公式アカウント

『軽貨物運送アシストライン株式会社』


「無料・かんたん・問合せ♪」



アシストライン株式会社

URL:https://www.osaka-line.com/

代表者名 矢野 善一

電話番号【事務所】 072-968-3320

電話番号【代表直通】080-5710-9990

FAX番号 072-968-3321

住所 〒578-0904 大阪府東大阪市吉原2-6-11

メールアドレス info@osaka-line.com


対応エリア:大阪府を中心に日本全国 

主な業務内容

緊急配達/レンタルトラック/貸切運送/単身引越/家具・家電配送/ペット輸送

物流アウトソーシング「物流のことなら何でもご相談下さい。」

特集記事

最新記事

アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
Contact

コンタクト

物流のコスト削減を実現する運送・配送サービスを提供します。
 

当日運送・緊急便・貸切便・チャーター便のほか
専属配送や軽貨物運送
を通じて「感動を与える」サービスを目指します!

  • Facebook

facebook

  • Instagram

Instagram

FAX番号:072-968-3321

〒578-0904

大阪府東大阪市吉原2-6-11

LINEロゴ(アシストライン).png
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitter(アシストライン株式会社)
  • Instagram
  • YouTubeの社会のアイコン

365日24時間対応
配車可能か5分で回答

M_edited.jpg
btn_line.png

『緊急対応承ります』