★日本の物流を支える主役『トラックドライバーの求められる7つの心得え』


トラックドライバーは日本の物流を支える主役

トラックドライバーは日本の物流を支える主役

今日の国内貨物の輸送量の約91%がトラック輸送です。

(そのうち事業用トラックは全体の16%。)


ドライバーは水・水道・電気と同じで

日本のライフラインを支える重要な仕事で

責任も重大です。


トラックドライバーに求められる心構え &「こんな人が向いている」

1. 『安全運転第一!』 絶対に事故を起こさないぞという気持ち


約1万台当たりの死亡事故発生件数は

事業用トラックは約4.5件と

その他の車種に比べてぐんと増えます。


大型のトラックになるほど 事故率は増えます。


その他の仕事に比べてより

安全への配慮が求められる仕事といえますね。


事故は会社にとっても

ドライバー本人にとっても大きな損失をもたらします。


「絶対に事故を起こさないぞ」

という気持ちで仕事に取り掛かりましょう。


「全日本トラック協会」が行ったアンケートでは

多くのドライバーが安全運転のために心がけていることとして


「スピードを出し過ぎない」

「疲れたら休憩をとる」

「車間距離を保つ」という回答が多く挙げられています。


また約8割のドライバーが扱う車の条件として

「制動機能(ブレーキ)に優れていること」

をあげています。


2. 『運転マナーを守って』 業界全体のイメージダウンに気を配ろう


安全運転を守ることと同じくらいに大事なのが『運転マナー』です。


事故防止に直接つながるほか

トラック業界全体のイメージが悪くなることを防ぐためにも

ほかの車への配慮が必要です。


プロ・トラックドライバーは

常に一般の人たちに見られている事を意識して

模範となる運転・行動を心がけたいですね。


3. 『おごり』の気持ちを捨てる

トラックは他の車種より 車体が大きいため

尊大な気持ちになりがちです。


無意識に「威圧運転」「嫌がらせ運転」を行っていることもあるようです。



プロとして事故のリスクが高いことを常に意識し

道を譲り合う姿勢が大切ですね。


➡【毎日同じ道を走っているからといって油断しない】 (特に多いのが「脇見運転」や運転中のスマホの使用など。

いつもの道だからといって気を抜かないことが大切ですね)


➡【「急ぎ」「あせり」をおさえる】 焦ったからといって、そんなに速く走れる訳ではありません。

『急がば回れ』が鉄則ですね。


自身の安全のためにもマナーの悪い

運転は絶対にしないと心がけましょう。


4. 挨拶を心がけよう

ドライバーの仕事は

①まず最初に積荷に行き

②届け先に向かい

③荷おろしして戻る が基本ですね♪


そのためドライバーにとって

クライアントである荷主や配送先との関係性は重要なものです。


いつもごひいきにしていただいてるお客さまですから

コミュニケーションは大切に

基本の挨拶や業務内容の確認はしっかり行いましょう。


【明るい声で挨拶をする】

【自分から挨拶をする】

【挨拶をされたら笑顔で挨拶】 など


社会人として当たり前のマナーさえ守れていれば大丈夫ですね^^


「人と話すのが苦手」「一人でできる仕事だから選んだのに」

という人もいるでしょうが


積荷にうかがった際の挨拶と基本のやり取りだけしっかり

できていれさえすれば

あとは比較的自由なのがドライバーの仕事の良いところ♪


相手先に好感を与え【信頼と安心を得られる】

気持ちの良いコミュニケーションを心がけましょう。


5. 顧客にとっての命!荷物は丁寧に取り扱おう

荷物の丁寧な取り扱い

アンケートによると、顧客から望まれている要望は


1位 荷物の丁寧な取り扱い 58.5%

2位 時間の厳守 44.1%

3位 集荷時のマナー・服装 36.7%


積荷の丁寧な取り扱いが

圧倒的に多い回答となっています。


最近はスマホで動画を撮られてSNSにアップされた という事を知り悲しい気持ちになりますねーー;


6. だらしないのはNG! 最低限の清潔感

時にハードワークな トラックドライバーの仕事。


できるだけ運転にふさわしい

ラフな姿で勤務したいのはわかりますが


「髪がボサボサ・ヒゲが伸びっぱなし・爪は真っ黒」では

お客さまからの信頼は得られません。


特に食品の仕事の場合

面接ではねられてしまうことも。


ドライバーと言えど人に会うお仕事です。

最低限の清潔感を心がけましょう。


トラックも洗車を小まめにして

常にきれいなトラックで一日をスタートさせたいものですね。


7. 睡眠はしっかり取って快適ドライブワーク

安全な運転には

健康状態が良好であることが欠かせません。


プロドライバーがいちばん気をつけていることの上位に

「十分な睡眠」「食事」が入っています。


疲れていては良い仕事ができないのは全ての職種に言えることです。


こまめに休憩・休息を取って

疲れを溜めないようにしましょう。


運転の間に短時間の睡眠でも十分に脳や体は回復しますよ。


【アシストラインYouTubeチャンネル】

https://www.youtube.com/feed/my_videos

大阪で軽貨物運送業者をお探しなら

『アシストライン』

配送委託など アウトソーシングに関するご相談

お見積り無料


御社の社員同様に業務いたします。

服装・車両・ドライバーなど ご希望に応じてご提案いたします。

LINE@公式アカウント

『軽貨物運送アシストライン株式会社』


「無料・かんたん・問合せ♪」


アシストライン株式会社

〒578-0904 大阪府東大阪市吉原2-6-1

営業時間 8:00~18:00


電話番号【事務所】 072-968-3320

電話番号【代表直通】080-5710-9990


FAX番号 072-968-3321

メール:info@osaka-line.com

対応エリア:大阪府を中心に日本全国 

主な業務内容

特集記事

最新記事

アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
Contact

コンタクト

物流のコスト削減を実現する運送・配送サービスを提供します。
 

当日運送・緊急便・貸切便・チャーター便のほか
専属配送や軽貨物運送
を通じて「感動を与える」サービスを目指します!

  • Facebook

facebook

  • Instagram

Instagram

FAX番号:072-968-3321

〒578-0904

大阪府東大阪市吉原2-6-11

LINEロゴ(アシストライン).png
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitter(アシストライン株式会社)
  • Instagram
  • YouTubeの社会のアイコン

365日24時間対応
配車可能か5分で回答

M_edited.jpg
btn_line.png

『緊急対応承ります』