★超かんたん♪『ウーバーの方必見』道路標識どこまで知ってる?


ウーバーイーツの運転手は守れてるかな

『ウーバーイーツの運転手は守れてるかな?!』

普段から街中で当たり前に目にしている

道路標識の種類を紹介したいです(^^)

『自動車免許を取った時にならった標識ぜんぶ覚えてますか?』




寝屋川営業所の新貝です(^0^)♪


宅配やチャーター便の仕事をしていると

初めていく道が多くあると思います(^^)/


そんな中

道路標識を認識することで

危険を察知することができますね(*^^*)


例えば「止まれ」は

一時停止して止まるのは当たり前ですね♪


でも見慣れない標識があったり

意外と知らない標識があったりしませんか?!


安心・安全な走行する為にも

標識の意味を知っておいた方がいいですね(^^)/


今回はその標識種類の紹介をしたいと思います。


『本標識』と『補助標識』

【 本標識 】

本標識は、交通規制などを示す主な標識のことです。

本標識の中には

『規制標識』

『指示標識』

『警戒標識』

『案内標識』の4種類があります。


①規制標識


規制標識は

道路を通行するときの禁止事項や制限事項などを指示する標識です。 『駐車禁止』

『車両通行禁止』

『一方通行』

『通行止め』などが挙げられます。


②指示標識


指示標識は

運転する上で守るべき交通方法や

決められた場所などを示す標識です。

『駐車可』

『安全地帯』

『横断歩道』などになります。


③警戒標識


警戒標識は

通行時に注意すべき状況や危険な箇所など

を事前に知らせる標識です。

「踏切あり」

「学校・幼稚園・保育所などあり」

「横風注意」「すべりやすい」

などが挙げられます。


④案内標識


案内標識は

地点の名称や方向や附属施設の案内・道路の情報を

知らせる標識です。 「国道番号」

「都道府県道番号」

「サービスエリアの予告」

「登坂車線」などが挙げられます。


【 補助標識 】


補助標識は

本標識と一緒に取り付けられ

本標識の意味を補足する役割があります。

例えば

『駐車禁止』の標識の下に

『駐車余地6m』と書かれている標識だったりする

ものが『補助標識』です。


間違いやすい標識

標識にはさまざまな種類がありますが

中にはイラストが似ていて

一見その違いがわかりにくい標識もあります。


当然それぞれが表す意味や警告は異なりますから

その違いをしっかりと把握しておきましょう。


『一方通行』と『指定方向以外進行禁止』


『一方通行』と『指定方向以外進行禁止』は

どちらも白の矢印が中央に描かれており背景が青色の規制標識です。


両者の大きな違いは標識の形であり

『一方通行』は長方形

『指定方向以外進行禁止』は丸形です。 『一方通行」は

標識の矢印方向へと通行することができることを示します。


矢印の方向へと進行しながら

直進および右左折をすることができます。 一方『指定方向以外進行禁止』は

指定された方向以外に通行することを禁止する標識で

矢印の方向にしか通行できません。


補足:『左折可』の標示板について


『左折可』の標識は『一方通行』の

標識と非常に似ています。


しかし『一方通行』が白矢印に青背景で縁に白色線が入っているのに対し

『左折可』の場合は青矢印に白背景でフチが青色です。 『左折可』は信号に関わらず左折できることを示しています。


たとえ目の前の信号が赤だとしても『左折可』の標識がある道路では

安全を確認した上で通行することができます。


一方通行の標識と勘違いをしてしまうと

大変危険ですので注意しましょう!


私も気づかずに止まってしまうことが

多々ありました(^^;)


『車両通行止め』と『駐車禁止』


『車両通行止め』と『駐車禁止』は

どちらも縁が太い赤色の円に一本の斜線が入った規制標識です。


こちらは「車両通行止め」を表す標識です。


「車両通行止め」は

主に歩行者天国や工事現場などで使用されます。


車両・原動機付自転車・軽車両の通行が禁止されています。


『駐車禁止』は円の中が青色になっています。

『駐車禁止』は車両の駐車を禁止しています。


標識上部に数字が書かれている場合は

その時間帯は駐車禁止という意味です。




補足:『駐停車禁止』の標識について

『駐車禁止」』と似ている標識に

『駐停車禁止』があります。


こちらは赤い線2本で「☓」が描かれており

駐車・停車のどちらも禁止となるので注意しましょう( ゚Д゚)

ここ駐車しても大丈夫?

『駐車』は

客待ちや荷待ち・貨物の積卸し・故障その他の理由によって

継続的に車両等が停止することを指します。


また車両等が停止し

あわせて当該車両等の運転をする者がその車両等を離れて

直ちに運転することができない状態にあることも『駐車』にあたります。


ただし

『5分を超えない貨物の積卸しのための停止』や

『人の乗降のための停止は駐車にはなりません。』


『停車』となり

駐車以外で車両が停止している状況を指します。


『車両通行止め』と『通行止め』

『車両通行止め』と似た標識に


『通行止め』は中央に赤印で「☓」が描かれた

規制標識で下部に「通行止」と表記されています。


『車両通行止め』が車両の通行を禁止する意味で

「通行止め」は車両に加えて 歩行者・路面電車のすべてが通行禁止です。




補足:『車両進入禁止』の標識について


『車両進入禁止』は

主に一方通行規制のある道路の出口

設置されている規制標識です。


背景が赤い丸円の中央に

白の太い一本線が描かれています。

この標識の方向から車が道路に侵入することは禁止されています。

間違えて侵入しないようにしましょう。


『幅員減少』と『車線数減少』


両者とも2本の黒い太線の上部幅が

狭くなっているイラストです。


『車線数減少』には

内側に細い点線が描かれています。


似たようなイラストの警戒標識ですが意味は異なります。 『幅員減少』は

この先にある道路の道幅が狭くなることを示します。


一方『車線数減少』は

車線の数が減少することを示します。


つまり『幅員減少』は車線の数が減らずに道が狭くなることを表し

『車線数減少』は車線の数が減ることを表しています。


『上り急こう配あり』と『下り急こう配あり』


両者とも直角三角形の中に白の矢印が描かれている『警戒標識』ですが斜線の方向が違います。


右上がりの斜線は「上り急こう配あり」でこの先に上り坂がある事を表します。


一方

右下がりの斜線は「下り急こう配あり」で

下り坂があることを表します。 ちなみに上部の「◯%」の表記は坂の勾配率を示します。


数字が大きいほど

上り坂あるいは下り坂が急であることを示します。


『追越しのための右側部分はみ出し通行禁止』 と『追越し禁止』

どちらも追越しを禁止する意味合いを含む規制標識です。

同じイラストが用いられています。


下に『追越し禁止』の補助標識があれば

『追越し禁止』となります。 両者には

追越しが「一部で認められている」のか

「全面的に禁止されているのか」の違いがあります。


「追越しのための右側部分はみ出し通行禁止」は

追い越す際に道路の右側にはみ出してはいけないことを示します。


つまり右側にはみ出さなければ追越しは可能です。

一方の「追越し禁止」は

追越し行為自体が禁止ですので注意しましょう。


『警笛鳴らせ』と『警笛区間』

見た目は同じ規制標識ですが

その下に赤い矢印の補助標識がないものは「警笛鳴らせ」

あるものは『警笛区間』の標識です。 『警笛鳴らせ』は

標識がある場所で警笛を鳴らさないといけません。


一方の『警笛区間』は『警笛区間』の標識がある区間内のうち

見通しのきかない交差点・曲がり角付近・上り坂の頂上付近で

警笛を鳴らさなければいけません。


『最高速度』と『最低速度』

「最高速度」と「最低速度」は ともに外枠が太い赤丸

中央に数字が描かれた規制標識です。


数字の下に青いアンダーラインがあれば

「最低速度」です。 「最高速度」は

記載の数字速度を超えて運転しないこと


「最低速度」は記載の数字速度に満たない速度で運転しないことを示します。


つまり「30」とだけ書かれていたら

時速30キロ以下で運転しなければいけません。


「30」の下にアンダーラインがあると

時速30キロ以上で運転しなければなりません。 このように両者は正反対の意味になりますので

注意しましょう。


『高さ制限』と『最大幅』

両者とも外枠が太い赤丸で中央に数字が描かれている規制標識です。


ですが

青い三角形が上下にあるのか

左右にあるのかで意味が異なります。 青い三角形が上下にあるほうが

『高さ制限』です。


指定する高さを超えた車両は

この先通行できないことを意味します。

(※注:荷物が積載されている場合、その荷物分の高さも含みます。) 一方

青い三角形が左右にあれば「最大幅」です。


標識の指定する幅を超える車両の通行はできません。

なお、積載している荷物が車両の幅よりも大きい場合

荷物の幅が最大幅となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?


交通ルールを理解し

ルールを守ることで安心・安全が守られます。


あたり前にある標識ですが

変わった標識があったりしますので


意識して見てみるのも新しい発見があって良いかも知れません。

大阪で軽貨物が得意な 運送会社をお探しなら 『アシストライン』へ

物流アウトソーシング

御社の社員同様に業務致します。


服装・車両・ドライバーなど ご希望に応じてご提案します。



LINE@公式アカウント

『軽貨物運送アシストライン株式会社』


「無料・かんたん・問合せ♪」


アシストライン株式会社

https://www.osaka-line.com/

代表 矢野 善一

電話番号【事務所】 072-800-3381

電話番号【代表直通】070-5656-5565

FAX番号 072-968-3321


・寝屋川営業所 住所 〒572-0861

大阪府寝屋川市打上南町14-31

メールアドレス| neyagawa@assistline.info

対応エリア:大阪府を中心に日本全国 

主な業務内容

緊急配達/レンタルトラック/貸切運送/

物流アウトソーシング「物流のことなら何でもご相談下さい。」

Twitter

https://mobile.twitter.com/AssistlineCo

Instagram

https://www.instagram.com/assistline_gram/

Facebook

https://www.facebook.com/assist.100/

YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCUZ3am3JSKjGiMMzW-PsU-w/featured

>>>>>>>>>>>>>>>English>>>>>>>>>>>>>>>>>

★ Vehicle sticker has arrived! !

Hello. My name is Aso of the Osaka Assist Line.

The emergency declaration has been lifted.

It is said that the second party will come, but what about?


A sticker for vehicles such as "Assist Line" has arrived!


When everyone goes out by car,

Stickers with company name etc. written on the front car

I think you have seen it.


I saw the label of a company that I was very interested in

I've actually looked it up with my cell phone, but I'm worried that it gets in my eyes.


This is the "Assist Line" sticker I received this time

It is attached to vehicles on the assist line to deliver light cargo.


There may be a good thing to see this sticker ...

I'm sorry if not (:

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

特集記事

最新記事

アーカイブ

タグから検索

ソーシャルメディア

  • Facebook Basic Square
  • Instagram
  • Twitter Basic Square
  • YouTubeの社会のアイコン
Contact

コンタクト

物流のコスト削減を実現する運送・配送サービスを提供します。
 

当日運送・緊急便・貸切便・チャーター便のほか
専属配送や軽貨物運送
を通じて「感動を与える」サービスを目指します!

content

『​会社情報』

『引越関係』

『その他サービス』

『求人関係』

『​資料と規約』

  • Facebook

facebook

  • Instagram

Instagram

FAX番号:072-968-3321

〒578-0904

大阪府東大阪市吉原2-6-11

『緊急対応承ります』

M.png
btn_line.png
LINEロゴ(アシストライン).png
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitter(アシストライン株式会社)
  • Instagram
  • YouTubeの社会のアイコン