★できる会社は忖度しない『チームコミュニケーション』


『チームコミュニケーション』

『チーム内で人に指摘するときの工夫』に関して


自分の経験から感じたことをまとめてみようと思います。


実はこの 『指摘する』ってのが結構難しいなぁと感じることが多いんですよ。


うまく言葉にできず感情的になってしまったり空気が悪くなったり・・・


性格も年齢も得意分野も違うメンバーが集まる中で

どうすれば思ったことを指摘しつつ

気持ちよくコミュニケーションできるのか?!


自分の経験から感じたことをまとめてみます。


アシストラインは意見交換を大切にしています
遠慮のしすぎは禁物! チームは『指摘』で前進する

たとえば後輩から

「ちょっと気になったんですが

自分が間違ってるかもしれないので指摘しませんでした……すみません……」


つまり

なんとなく気づいていたけど

指摘するのをためらって結局言わなかった

とのことでした( ゚Д゚)


自分も同じような経験があったので

とても申しわけない気持ちになりました。


しかし

チームとして前に進むためには

あまり遠慮しすぎない方がいいことも多いのです。


自分を棚上げできる 雰囲気づくりが大事


とはいえ

「自分がこんなことを指摘しても大丈夫かなぁ」

「恥ずかしいなぁ、怒られないかなぁ」と

いろいろと考え始めると何も言えなくなってしまいます。


そのため

指摘するときは自分のことを棚に上げて考える方がいい

と思うのです。


先ほどの話では

「自分が間違ってるかもとか考えなくていいから

ちょっとでも変だと感じたら何でも指摘してほしい」と

伝えることにしました。


こういう言葉は一度言うだけではダメで

刷り込みのように何度も言ってるうちに

習慣として根づいてきます。


上の立場の人から根気よく言い続けるか

いっそのことチームのルールとして決めてしまうのが

いいかもしれません。


ルールの規定は

チームリーダーや先輩の立場じゃないと難しいかもしれませんが

「指摘するときは自分を棚に上げて考える」という文化を

浸透させることはすごく大事なことです。


「棚に上げて考えよう」を合言葉として使えるようになると

指摘するときの心理的敷居がぐっと下がります。



『謙虚な指摘』で 相手に不快な思いをさせない


ただし

単に自分のことを棚に上げて指摘するだけだと

相手を不快にさせてしまうことがあります。


例えば

「それ、おかしくないですか?」という指摘をされると

自分が否定されていると感じて

嫌な気持ちになる人もいるかもしれません。


言う人にもよりますが

「お前に言われたくねえよ」のような

気持ちになりやすいです。


では

どうすればお互い気持ちよくコミュニケーションできるのか。


そのヒントが

『あらゆる人間関係の衝突は、謙虚・尊敬・信頼の欠如によるものだ』


これはまさにその通りだと思います。


指摘する相手の気持ちになって

謙虚な気持ちで接した方がいいでしょう。


謙虚というと堅苦しいですが

要は相手の状況を想像して思いやりを持って指摘しよう

ということです。


「思いやりなんて考えなくても、正しいことを伝えればいいだけでしょ」と

思う人もいるかもしれませんが

現実はそう単純でもありません。


当たり前のことですが

相手も人間で感情がありますし

伝わりやすい言葉とそうじゃない言葉というのは間違いなく存在します。


また

相手の心に余裕がないときは

『指摘としては正しくても

指摘の仕方によってはすんなりと受け入れられない』

こともあります。


「そんな言い方ないと思うわ( `ー´)ノ」ってやつです。



『謙虚な指摘』をするための 4つのポイント


そうは言っても

謙虚さというのはなかなか相手に伝わりません。


そこで

指摘の仕方を工夫する必要があります。


こう言うとなんだか感情論みたいで

「じゃあどうするんだよ」という話になるので

自分が意識していることを4点まとめておこうと思います。


1. 目的を意識する

何のために指摘しようとしているのか

落ち着いて考えてみましょう。


よくありがちなのは

無意識に相手を論破することを

目的にしてしまっているケースです。



もちろん

論破することがダメだというわけではありません。

しかし時にはそういうやり方が必要なこともあります。


ただし

経験上チーム内で話し合う場合には

そのやり方は効率的でないことが多いです。


また

目的を意識すると個人を責めるような言い方に

もなりにくいのでオススメです。


2. 自分の意見を伝える

例えば

A案とB案どちらにしようかみたいな話になった場合に


「B案ってここがダメじゃないですか?」のような指摘の仕方だと前に進みにくいです。


こういう指摘は

イチャモンをつけているだけのような印象になりやすい

のです。


なぜそういう印象になるかというと

指摘された側が相手の主張を想像しなければならず

認識のソゴが発生しやすいからです。


先ほどの例だと

「じゃあ、あなたはA案がいいんですか?

それともA案もダメだから

そもそも違う案を考えなきゃダメだって言いたいんですか?」


みたいなところを

指摘された側が思案しなければならなくなります。


指摘するときは

「A案の方がいいと思います。B案はここが不安です」

のように自分の意見を伝えるようにしましょう。


⇒そして代替案を用意しよう(^_^)v


もしもA案もB案もダメだという指摘をしたいなら

「自分だったらこうする」と

代替案を考えて伝えることも大事です。


経験上

代替案が全くない指摘をすると嫌な

空気になることが多い気がします。


間違っていても

つたなくてもいいので

代替案を持つように意識してみましょう。


もちろん指摘された側は

代替案が突拍子もなく難易度が高いことだったとしても

「で、それお前できるの?」というような言い方で

意見を殺さないようにするのが大事です。



3. 疑問調で聞く

指摘を絶対的な否定として捉えてしまって

嫌な気持ちになってしまう人もいます。


例えば

「これは違いますよね」という言い方よりも

「私はこれは違うと思うんですけど、どうですか?」のように疑問から入った方が伝わりやすかったりします。


意見をぶつけるのではなく

疑問から入ってまずは相手の意見を聞きつつ

自分の意見を提案する


というやり方を意識した方が

前に進みやすいことが多いです。



4. 枕詞をつける

自分では解決策を出せないけど指摘したいことがあるときは


「できるかは分からないですけど」

「解決策は思いつかずに言うんですけど」と

いった枕詞をつけるといいです。


また

相手に対して感謝の気持ちがあるなら

ちゃんと言葉にして伝えましょう。


また

さりげなくねぎらいの言葉を

かけるといいかもしれません。


感謝や気づかいというのは思っている以上に人に伝わらない


ので意識的に伝えてから指摘することで相手が凹まずに

すんなりと受け止めてくれたりします。


ただ

こういう枕詞はあまり長いと指摘内容がぶれるので

簡潔にちょっと入れるくらいにしておきましょう。



人に指摘するときに空気を読んでいたら前に進めません。


だからこそ

自分のことは棚にあげて指摘する方がいいと思います。


ただ棚に上げるだけだと嫌な空気になってしまうので

尊敬と信頼の気持ちを持って謙虚に指摘する

ように意識しましょう。


謙虚に伝えるのはある程度テクニックが必要です。


一番大事なのは自分の思考を言語化して伝えることなので

普段から少しずつ訓練をしておくことも重要ですね(*^^*)


このあたりのコミュニケーションは

私も今でも失敗して凹むことが多々あります。


一緒に仕事する相手だからこそ

思ったことは素直に指摘しつつ気持ちよく

コミュニケーションできるといいなぁと思います(^_^)v


大阪で軽貨物運送業者をお探しなら

『アシストライン』へ

物流アウトソーシング

御社の社員同様に業務致します。

服装・車両・ドライバーご希望に

応じて提案します。

アシストライン株式会社

https://www.osaka-line.com/

電話番号【事務所】 072-968-3320

電話番号【代表直通】080-5710-9990

FAX番号 072-968-3321

住所 〒578-0904 大阪府東大阪市吉原2-6-11

メールアドレス info@osaka-line.com

LINE@公式アカウント

『軽貨物運送アシストライン株式会社』

「無料・かんたん・問合せ♪」


対応エリア:大阪府を中心に日本全国 

主な業務内容

単身引越/ 家具・家電配送/ペット輸送/ 緊急配達/コピー機輸送/貸切運送/ 物流アウトソーシング「物流のことなら何でもご相談下さい。」

特集記事

最新記事

アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
Contact

コンタクト

物流のコスト削減を実現する運送・配送サービスを提供します。
 

当日運送・緊急便・貸切便・チャーター便のほか
専属配送や軽貨物運送
を通じて「感動を与える」サービスを目指します!

  • Facebook

facebook

  • Instagram

Instagram

FAX番号:072-968-3321

〒578-0904

大阪府東大阪市吉原2-6-11

LINEロゴ(アシストライン).png
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitter(アシストライン株式会社)
  • Instagram
  • YouTubeの社会のアイコン

365日24時間対応
配車可能か5分で回答

M_edited.jpg
btn_line.png

『緊急対応承ります』