これは便利!知りたい情報が見つかる検索術



ビジネスでもプライベートでも、知りたい情報は検索エンジンで調べる事が多くなりました。今回は、インターネット検索で有名なGoogle検索に焦点を絞って、正確な情報を素早く探し出すテクニックを紹介します。


・検索スキルは鍛錬、練習が必要で、日々実践する事で磨かれていきます。

・今回、紹介するテクニックを積極的に使っていくと、自然と検索スキルが上達するはずです。


1.広告スペースを知る

Googleが無料で使える理由は、広告費で運営されているからです。TVにCMがあるのと同じです。Googleの収益の大半は広告費なので検索結果にも広告のスペースがあります。

この広告スペースは、検索順位の1位よりも上位に出ますが、「必ずしも指示されている情報ではない」ということを知っておきましょう。Googleが情報として最も評価しているのは、広告の下に表示される1位の情報です。ただし、広告として表示されるページにも使える情報は多いので、ご自身で判断する必要があります。


『下記が広告枠です。』webアドレスの前に広告と入っている。



2.検索キーワードを検索する

情報を検索する際に、検索キーワードが思いつかない時は、「検索キーワードを」検索します。例えば、「パソコンをキーボードを見ずに打てるようになりたい」という目的があったとき、まず直感のままに「キーボード 見ないで打つ」と、検索します。直感で検索するのがポイントです。検索結果で、「タイピング」「ブラインドタッチ」などのキーワードを発見するでしょう。次に、どちらの言葉を使うか、定義を確認します。まず、「タイピングとは」と検索すると、「テキストを入力すること」、次に「ブラインドタッチとは」と検索すると、「キーボードのキーを見ずにタイプすること」と、出てくるので、目的のキーワードは「ブラインドタッチ」になります。

これで、「キーボードを見ずに打てるようになりたい」という情報を得るためには、「ブラインドタッチ」というキーワードで検索すれば良いことがわかりました。



3.キーワードを掛け合わせる

検索のためのキーワードは、1つよりも複数を掛け合わせたほうが効果があります。

掛け合わせるキーワードが思いつかない時は、「サジェスト検索」を使うと良いです。

「suggest」は提案するという意味です。検索窓に1つ目のキーワードを入力すると、そのキーワードと掛け合わせて検索されやすい2番目、3番目のキーワードの候補が自動的に表示されます。

この候補をそのまま利用すれば、自分で掛け合わせるキーワードを考える必要はありません。


4.「ページ内検索」を活用する

検索結果から選んだページのなかから、必要な情報が書いてある部分に素早くたどりつく方法を紹介します。ページの内容が膨大な場合に、文章を上から順に読んで知りたい部分を探そうとすると、多くの時間と手間がかかってしまいます。そのような時におススメしたいのが、知りたい情報が書かれている部分を抜き出してくれる「ページ内検索」機能です。

ページを開いた状態で「ctrl+F」と同時に押してください。検索窓が出てきますので、そこに目的のキーワードを入力します。検索したキーワードが含まれている部分だけ抜き出して表示してくれます。そのキーワードを黄色く色塗りしてくれます。



5.「検索ツール・検索オプション」を使う

さらに情報を絞って検索したいときは、Googleの「検索ツール」がおススメです。

検索結果ページの検索窓のすぐ下にあるツールをクリックすると、「期間の指定なし」が表示されます。これをさらにクリックすると、記事がアップされた期間を絞りこむことができます。情報は出来るだけ新しい方が良い場合には、その指定された期間内の情報だけが表示されます。

下記の図を参照


次にGoogleの「検索オプション」です。

検索結果ページで「ツール」の左横にある「設定」から、「検索オプション」を選ぶと表示されます。



この検索オプションには、様々な機能がありますが、おススメしたいのが「ファイル形式の指定」です。PDF、Excel、Wordなど指定したファイル形式だけを検索結果に表示させることが出来ますので、大変便利です。


6.信頼の出来る情報の探し方

これまで、Googleを使った検索方法を紹介しましたが、信頼性の高い情報にアクセスする方法について、最後に説明します。

インターネットは誰でも簡単に書き込みや投稿ができる為、ひとつの情報源だけで物事を判断するのは危険です。なかには、意図的に誤った情報を発信する悪質なサイトがあるので注意が必要です。複数の情報源を確認して、「他でも共通した情報」であるのか確認する事が大事です。情報の量が多ければ、正確な情報が得られます。

また、情報の信頼性の重要な判断基準として、記事の「書き手」です。

基本的には、疑うことを前提に読むくらいが、ちょうどよいくらいです。


検索スキルは日々実践することで磨かれるものですので、何かわからない事があれば、まず検索してみる習慣を身につけてください。使える情報と使えない情報が、感覚的にわかってくると思います。


アシストライン(株)では、軽貨物運送のチャーター便に特化しております。

貸切輸送のメリットを生かした配送を提案いたします。

「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「

大阪軽貨物運送 アシストライン株式会社 引越・一時保管受付

電話受付 072-968-3320

https://www.osaka-line.com/

ワンだふる引越便 https://www.wonderfulbin.com/

軽貨物運送で引っ越し、荷物の一時保管をご提案致します。「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「「

特集記事

最新記事

アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
Contact

コンタクト

物流のコスト削減を実現する運送・配送サービスを提供します。
 

当日運送・緊急便・貸切便・チャーター便のほか
専属配送や軽貨物運送
を通じて「感動を与える」サービスを目指します!

  • Facebook

facebook

  • Instagram

Instagram

FAX番号:072-968-3321

〒578-0904

大阪府東大阪市吉原2-6-11

LINEロゴ(アシストライン).png
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitter(アシストライン株式会社)
  • Instagram
  • YouTubeの社会のアイコン

365日24時間対応
配車可能か5分で回答

M_edited.jpg
btn_line.png

『緊急対応承ります』