★マジで『あの会社がついにユニクロを超えた!?』

こんにちは

大阪で軽貨物運送が得意な『アシストライン』矢野です。


アパレル業界の会社で国内で最も店舗数が 多い会社はどこか知っていますか?

その会社の店舗数は5月末で

869店舗に増えあのユニクロを超えています。


私たち物流業界では、大変お世話になっているお店です。

その会社の名前は

「ワークマン」

作業服を中心に販売している会社です。


この会社が今急激に伸びているんです。


    株価は、何と10倍以上に!!


2020年3月まで17ヶ月連続で10%以上の成長率をキープし緊急事態宣言が発令された4月でさえも5.7%の成長。


さらに5月には19.4%と再び2桁成長とコロナ禍でも勢いが止まりません。



なぜ「ワークマン」はここ数年でこんなにも 急激に成長することができたのでしょうか?

もちろん

そこにはある秘密があります。


◆ワークマンの転機を生んだ失敗


ワークマンが大躍進を遂げる前は扱っている作業服は決してカッコいい服ではありませんでした。(普通の作業服)


社内の人間でさえ

着ているのを人に見られたくないと思うほどのデザイン性だったんです。


ダサい服のままでは時代においていかれる...」


そう思ったワークマンは

社内にデザインチームを発足しました。


すると

どんどんデザインが改善されて

それと同時に品質も改良していって

自信を持てる良い商品がたくさん出来上がりました。


社員も普段着や仕事着に

「ワークマン」の服を着るようになりました。


しかし

大事なことは改善されなかったんです。


毎年、商品力は2〜3割も改善しているのに

売上は3〜4%しか伸びていませんでした...


投資している時間と労力から考えれば

決して誇れる成長率ではありません。


商品は良いのに売上が上がらない

これは

『完全に売り方が悪いと判断して

売り方を100%変える』ことにしました。


売っている商品は同じなのに、

売り方を変えただけで・・・・・


「ワークマン」はこれまで

デザイン性のある作業服として販売していたのを


「カジュアルウェア」

として新しい客層(ターゲット)に売ることに決めました。


とは言ってもアパレル業界は

作業服とは違ってライバルが多い・・・


ユニクロZARAなどが幅を利かせているし

スポーツメーカーも次々に参入してきています。


いくらデザイン性を磨いても

そこで勝負したら絶対に勝ち目はありません。


そこで

ワークマンは職人に受け入れられた

作業服の機能性を押し出すことにしました。


職人品質のカジュアルウェア

というコンセプトで

『ワークマン・プラス』というブランドを作ります。


これが見事にヒット!!

ユニクロZARA・S&Mよりも

「安くて機能性が高い」という強みが

お客さんに受け入れられたんです。


私も気になって若い世代にワークマンの事を聞くと

とにかく「コスパ」が最高との事で女性にも人気のようです。


新しくオープンしたお店は

1億2000万円だった年間目標を

わずか3ヶ月で達成しました。


しかも

売っている商品はこれまでと全く同じ

なのにも関わらず。


同じ商品の売り方(=客層)を変えただけで

大ヒットを生み出したということです。


そこから一気に店舗数を増やして

国内店舗数でユニクロを超えるほどの

急成長を実現しています。


ワークマンの快進撃からどんな教訓を学ぶべきか?

それは・・・

どんなに良い商品でも

売れなければ意味がない これは大事な教訓です。 最初

ワークマンは商品改善に全力を注いでいました。

もちろんそれもとても大事なことです。 しかし

そこからさらに売り方に注力するまでは その商品は人々に知られませんでした。 つまりは どれだけ良い商品でも、いいサービスでも その魅力がお客さんに伝わらなければ その商品は存在しないのと同じということです。


良い商品を作るのと同じように

売り方にも、こだわる必要があるという事ですね♪


視点を変えればあなたの商品を待っている人がもっと沢山いることに気づけるはずです。


あなたの良い商品をもっと世の中に広めるために

売り方にも、こだわってみてはいかがでしょうか?!


大阪で軽貨物運送の得意な『アシストライン』では現在

「インサイドセールス」に力を入れています。


弊社では営業専門の部署をつくっていません。

最終的には「セールスを不要にする」ところを目指して

日々ブラッシュアップを重ねています。

大阪で軽貨物運送業者をお探しなら

『アシストライン』へ


物流アウトソーシング

御社の社員同様に業務致します。


服装・車両・ドライバーご希望に

応じて提案します。

LINE@公式アカウント

『軽貨物運送アシストライン株式会社』


「無料・かんたん・問合せ♪」


会社名 アシストライン株式会社

URL:https://www.osaka-line.com/

代表者名 矢野 善一

電話番号【事務所】 072-968-3320

電話番号【代表直通】080-5710-9990

FAX番号 072-968-3321

住所 〒578-0904 大阪府東大阪市吉原2-6-11

メールアドレス info@osaka-line.com


対応エリア:大阪府を中心に日本全国 

主な業務内容

アシストラインの1000平米の倉庫

緊急配達・トラックレンタル・貸切運送・

単身引越・大型家具家電運送・ 物流アウトソーシングなど

「物流のことなら何でもご相談下さい。」

特集記事

最新記事

アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
Contact

コンタクト

物流のコスト削減を実現する運送・配送サービスを提供します。
 

当日運送・緊急便・貸切便・チャーター便のほか
専属配送や軽貨物運送
を通じて「感動を与える」サービスを目指します!

  • Facebook

facebook

  • Instagram

Instagram

FAX番号:072-968-3321

〒578-0904

大阪府東大阪市吉原2-6-11

LINEロゴ(アシストライン).png
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitter(アシストライン株式会社)
  • Instagram
  • YouTubeの社会のアイコン

365日24時間対応
配車可能か5分で回答

M_edited.jpg
btn_line.png

『緊急対応承ります』