★感動『ヅカメン!お父ちゃんたちの宝塚』~人生最高のドラマがここにある~

こんにちは

大阪で軽貨物を得意とする

【アシストライン社】の青葉です ^^) _旦~~


ここ最近夕方あたりに

雷がゴロゴロとなっていることも多く

不安定な天気が続いています。


また厳しい残暑も続いていますので

体調のこと・お天気のことに

十分注意して過ごしていきたいですね。


さて以前

青葉のおすすめの一冊をご紹介させて頂きました(*^^*)

今回はその第二弾になります♬


今回ご紹介するのは

宮津大蔵さん著の


ヅカメン!お父ちゃんたちの宝塚』☆彡

ヅカメン!お父ちゃんたちの宝塚

私、青葉は宝塚歌劇団を好きだとかいうわけではありません。


ぶっちゃけ

一度も見たことがありません。

(ないんかーい)




俗にいうミュージカル的なものも

小中学校時代に授業の一環で見たことくらいで全く詳しくありません。




そんな宝塚歌劇団のことを全く知らなくてもむしろ私のように全く興味のない方にこそぜひ読んでいただきたい一冊♬




青葉のおすすめの一冊は

第二話の『咲くや此の花』です


この本は7つの物語の

オムニバス形式になっています。


親会社から宝塚歌劇団へ

異動になったお父ちゃん


宝塚歌劇団で

スタッフとして働くお父ちゃん


娘が宝塚を目指し、

それを応援するお父ちゃん

等などです。


宝塚音楽学校に入学するだけでも

ものすごい倍率です。


入学してからも熾烈なポジションの争奪戦。

そんな中で奮闘するタカラジェンヌの姿も

作品の中で描かれています。

なぜ『咲くや此の花』が印象残っているのか?

その理由をお伝えします。

完結言うと涙腺が崩壊したからです・・・


この話は娘の万里子を中心に進んでいきます。


3歳のころ、義母の指摘で

万里子が”吃音”だということに両親は気づく。


一緒に暮らしているのに

父親として母親として気づいてあげられなかったことに

父と母はただただ号泣するしかなかった。


万里子は自分の気持ちや考えを話すとき

どうしてもつっかえて上手く話せない。


でも自分の想いは話したい

それで焦ってしまい上手く話せない・・・

そのことで万里子本人も苦しんでいただろうに・・・


やがて万里子は小学校へと進学する。

しかし1人他の子ども達と話し方が違う。


そのことで万里子の周りから

友達たちが遠ざかっていく。


母親が学校でのことを万里子に質問するとなかなか本当のことを言うことはなかったが


『万理ちゃん、お、お、お友達と

お。お、お、お話、し、したくない』

とポロポロと泣き始めたのだった。


吃音はある、

というより焦って上手く話せない

といった方がいいかもしれないが


純粋で、優しい万里子が

実は毎日苦しんでいた。

しかも一人でその苦しみに耐えていた。


まだまだ冒頭の部分ですが

青葉はこのあたりで涙腺が・・・。

この後も涙腺が・・・

という状態が続きました。


そんな万里子が

あるきっかけで宝塚を

目指すことになる。



娘の想いを知り

父親も母親も全力でサポートしていく。

そんな姿が描かれた物語です。


そうは言っても宝塚音楽学校に入れるのは

ほんの一握り。


チャンスは

中学修了時~高校修了時までに4回。



誰でも受験できるわけではなく

多くは”宝塚受験コース”のようなレッスンを受け

その中でも先生にOKをもらえた者だけ。


そのため4回の受験チャンスが

皆に平等にあるわけではない。


はたして万里子はどうなるか・・・

こんなお話です。


このブログを書きながら

また読みたくなってきました。


再来週あたり少し時間があるので

また一気読みしてみようと思います。


最後までお読みいただきありがとうございました(^_-)-☆

Twitter

https://twitter.com/AssistlineCo

Instagram

https://www.instagram.com/assistline_gram/

Facebook

https://www.facebook.com/assist.100/

YouTube

https://www.youtube.com/channel/UCUZ3am3JSKjGiMMzW-PsU-w/featured



大阪で軽貨物運送業者をお探しなら

『アシストライン』へ


御社の社員同様に業務します。

服装・車両・ドライバーご希望に

応じて提案します。



LINE@公式アカウント

『軽貨物運送アシストライン株式会社』

「無料・かんたん・問合せ♪」




アシストライン株式会社

URL:https://www.osaka-line.com/


営業時間8:00~18:00


電話番号 072-968-3320 FAX番号 072-968-3321 メールアドレス info@osaka-line.com(配車受付:麻生まで)

対応エリア:大阪府を中心に日本全国 

主な業務内容

緊急配達/レンタルトラック/貸切運送/ 単身引越/ 家具・家電配送/

ペット輸送 物流アウトソーシング 「物流のことなら何でも ご相談下さい。」

>>>>>>>>>>>>>>>English>>>>>>>>>>>>>>>>>

★ Vehicle sticker has arrived! !

Hello. My name is Aso of the Osaka Assist Line.

The emergency declaration has been lifted.

It is said that the second party will come, but what about?


A sticker for vehicles such as "Assist Line" has arrived!


When everyone goes out by car,

Stickers with company name etc. written on the front car

I think you have seen it.


I saw the label of a company that I was very interested in

I've actually looked it up with my cell phone, but I'm worried that it gets in my eyes.


This is the "Assist Line" sticker I received this time

It is attached to vehicles on the assist line to deliver light cargo.


There may be a good thing to see this sticker ...

I'm sorry if not (:

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>






特集記事

最新記事

アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
Contact

コンタクト

物流のコスト削減を実現する運送・配送サービスを提供します。
 

当日運送・緊急便・貸切便・チャーター便のほか
専属配送や軽貨物運送
を通じて「感動を与える」サービスを目指します!

  • Facebook

facebook

  • Instagram

Instagram

FAX番号:072-968-3321

〒578-0904

大阪府東大阪市吉原2-6-11

LINEロゴ(アシストライン).png
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitter(アシストライン株式会社)
  • Instagram
  • YouTubeの社会のアイコン

365日24時間対応
配車可能か5分で回答

M_edited.jpg
btn_line.png

『緊急対応承ります』