Contact

コンタクト

物流のコスト削減を実現する運送・配送サービスを提供します
 

当日運送・緊急便・貸切便・チャーター便のほか
専属配送や軽貨物運送
を通じて「感動を与える」サービスを目指します!

軽貨物運送アシストラインロゴ

大阪の物流請負/対応力No1

24時間365日受付配送
軽貨物の緊急便・スポット便・緊急配送・即日配送・緊急便・至急便・軽貨物・チャーター・冷蔵/冷凍・物流のコスト削減・配送サービス

アシストラインHPのQRコード
  • Facebook
Facebook
  • Instagram
Instagram

FAX番号:072-968-3321

〒578-0904

大阪府東大阪市吉原2-6-11

  • アシストライン株式会社

トラックチャーター便とは

最終更新: 2019年11月8日


実はこんなに便利!トラックチャーターの魅力


企業などの商品や材料等の輸送以外にも個人の引越しや展示会など私生活や仕事で多くの荷物を運ぶ機会は結構あるものです。そのようなときは引越し業者や運送業者に頼むことが一般的ですが、見積もりを取ったときに値段が高いと感じたことはありませんか?

引越しや運送業者が高額になりがちなのは梱包から荷物の世話をしてくれるサービスの厚さが理由のひとつです。また、大手運送会社の場合、自社便では無くて傭車を使ったりして中間マージンが発生するのも原因の一つです。もしもあなたが「自分たちでできることは自分たちでやるから安価に荷物を運んで欲しい」と考えているならアシストラインの#トラックチャーターがおすすめです。

チャーター便ではトラックを丸ごと1台貸切で使えるので、たくさん荷物があってもたっぷり収納できます。運転手も1人付いてくるので普通免許や大型免許を持っていない人でも気軽にチャーター便を利用できます。

ただし運転手以外のサポートはいないため、トラックまで荷物を自分たちで運ぶ必要があり目的地に着いても同様に自分たちで荷物を運搬します。 トラックの中への荷物の上げ下ろしは運転手が行ってくれます。このように自分たちで体を動かさなければなりませんが、その分運転手以外の人件費が削減されます。

費用の多くは人件費にあてられているため、業者に丸ごと依頼して何人ものスタッフを利用するよりもお得といえるでしょう。チャーター便が割安な料金で利用できる理由はこのためです。チャーター便では途中荷物の積み替えを行わないので積み替え中に破損したり荷主の知らないところで紛失したりといった心配がないのもメリットといえるでしょう。トラックチャーター便は荷物を大切に扱いたいお客様にも最良の選択といえます。

トラックチャーターではトラック丸ごと1台を貸し切ることから指定した時間に荷物を届けることも可能です。そのため遅く荷物が着いて先方に迷惑をかけるといった事態を防ぐこともできます。チャーター便では軽、小型、中型、大型トラック、トレーラー及びコンテナなど、さまざまな種類のトラック手配が可能です。

そのため、ちょっとした荷物の移動から大量の機材搬入、大口の商品輸送までたくさんの使い道が考えられます。またトラックチャーターでは小ロットや多頻度の小口運送、1回だけのスポット運送もできるのでアイディア次第ではさまざまな場面でお得に活用できます。

トラックと実用性の例を挙げると

業者とは違いトラックまで自分で持ち運ぶ必要があるものの体力に自信があったり友達や家族に手伝ってもらえたりするのなら、お得感があることでしょう。一方、荷物を送りたいけれどトラックチャーターをするほどでもないという場合は運送業者を利用しがちですが、運送費は値上がりが続いているため費用が割高になるのが一般的です。

大量の品物を一気に送った方が少量を何回にも分けて送るよりもコストは低く抑えられるものですが、チャーター便では安く荷物を運搬できる混載便という選択肢もあります。混載便は細かな日時設定ができないデメリットがありますが、展示会で搬入した機材や備品を会社に戻すときなどスケジュールをそれほど気にしない荷物の運搬には最適です。

混載便では積み方によって中の荷物が傷つく心配があるかもしれませんが、トラックチャーターでは混載便を得意とする会社のトラック手配が可能なので安心して利用することができるでしょう。

トラック手配は協力会社ネットワークや自社の車両を駆使して何社もの可能性の中からお客様にぴったりあった会社を選ぶことに尽力しています。

そのため送る荷物の種類によっては毎回ベストな会社が異なることがあるのです。例えば食品を運送する際トラック内の温度は重要な要素です。乳製品や発酵食品では商品が傷んだり発酵が進んだりしないように温度に気を配る必要がありますが、チャーター便では希望に合ったトラックを選択できます。軽トラック、2t、4t、平車、大型、冷凍、冷蔵車

もちろん特別な機能があるトラックを希望する場合は費用が割高になる可能性が発生しますが、運送費用を削りすぎると商品が傷んで結局売れずに損をする状況になるかもしれないので運送は費用をかけるべきところにはきちんとかけることが大切です。

チャーター便は通常運送業者に頼むよりは安くつくため、トラックの種類や機能にコストをかけて、より質の高い運送を実現していきましょう。チャーター便は電話やFAX、お問い合わせフォームといったさまざまな方法で見積もりが取れるので緊急の場合も時間に余裕がある場合もストレスなく連絡することができます。

#トラックの手配はどうしたら良いかわからず悩んだり、自分が運びたい荷物に適したチャーター便がどれかわからなかったりする場合は、まずは気軽に連絡して質問してみてください。

大切なものを大切に運びたいときはトラックチャーターが強い味方となってくれることでしょう。

トラック1台をお客様との契約によって、お客様の専属のトラックとして輸送を行う方式のこと。

専属輸送とも呼ばれます。

軽トラックをはじめとし、小型トラック、中型トラック、大型トラック、トレーラーやコンテナなどの多くの種類があるため、荷物の重さや配送形態などによって最適な車両を選択することが出来ます。配送業務にかかるコストの大半が、人件費であるため、小型な貨物車だから料金が安いというわけではありません。

また、トラックチャーター(貸切便)ですと細かい日時設定や装備支持、現場ルール等の取り決め遂行を設定できます。

お客様の用途に応じた車両を手配できます。クレーン降しだから平車が必要だったり、パワーゲートで荷卸をする為、パワーゲート車を手配したりと用途に応じて車両を探します。お客様によっては、輸送途中で何度か積み降ろしをしてほしくない方もおられます。途中で荷卸をされた際に傷や破損を恐れています。トラックチャーターでもチャーター便しやすい地域やしにくい地域やコースがあります。車両によっても変わってきますし時期によっても変わってきます。

一概にトラックチャーター便といっても運ぶ荷物や輸送工程によって様々です。

運送会社の忙しい時期が年に何度かあります。物流繁忙期が年に何度かありその時期はトラックチャーターをする車両が減り車両確保が難しくなります。チャーター便をうまく活用できれば引越しもコストダウンできるでしょう。

【指定した時間に届けたい!そんなときはトラックチャーター便】

トラックチャーター便のメリットは、「時間通りに目的地へ荷物を届けることができる」ということです。

これは注文者のためにトラックを1台貸切るトラックチャーター便ならではのメリットで、他の荷物を集荷することなく目的地まで運送することが可能になります。また、「トラックを貸切る」と聞くと「費用が高くなる」と勘違いする人もいますが、トラックチャーター便は意外と安価に依頼ができるのです。

理由としてトラックチャーター便の依頼内容は「目的地までの運送のみ」となっており、荷物を梱包したりトラックまで運んだりするための人員はサービスに含まれていないのです。人件費がかからない分、料金を下げることができます。そのため、注文者には多少の手間がかかりますが、それでも「安価で指定した時間に届けたい」という要望を持った人や企業にとってはありがたいサービスだといえるでしょう。

トラックを手配した運送方法にはチャーター便以外にも「混載便」があります。

こちらは他の注文者が送る荷物と合わせて目的地まで運送するため、コストは安くすむことが多いですが、その分、時間指定はできません。また、出発するのは荷物が集まってからとなりますので、目的地まで到着するのにある程度の時間が必要となる場合があります。

指定した時間に間違いなくモノを送りたいという場合にはトラックチャーター便を利用する方がよいでしょう。引っ越しや配送などでトラックを利用して荷物を運ぶとき、引越し業者に依頼すると費用は高くついてしまします。そこで、大量の荷物を運びたいけれど、あまりコストはかけたくないという人向けに、1つの選択肢として提案できるのがトラックチャーター便です。

トラックチャーター便とは、トラックを1台丸ごと貸し切って荷物を運ぶことができる輸送サービスのことです。チャーターできるトラックにはさまざまな種類があり、チャーターするトラックの種類や積載量、運送する距離などによって料金は変わってきます。チャーターしたトラックは専属のドライバーが運転してくれるので、普通免許や大型免許を持っていなくても気軽に利用することができます。また、運送業者に依頼した際にかかる料金は人件費が内訳を多く占めています。

しかし、トラックチャーター便の場合はドライバー1人に対してのみ人件費が発生するので、コストを比較的安く抑えることができます。

ただし、トラック内への荷物の上げ下ろし以外の作業は自分たちで行う必要があります。ですから、体力に自信がある、あるいは荷物の上げ下ろしに従事する人員を自分で確保できるような場合には、「大量の荷物を安く運べる」というトラックチャーター便のメリットを大きく活かせることになります。その他にも、トラックチャーター便を使うことの利点として「安全に荷物を運べる」ことが挙げられます。

破損の恐れがある荷物が中にある場合にも、トラックの荷台をすべて自由に使うことができるため、置き方を工夫して破損を防ぐなどの対策を取ることができます。他のお客様の荷物も共同で運ぶ混載便では、通常はスペースを無駄にしないようにして荷物を積み込むため、荷物同士の接触で荷が破損する危険があります。また、道中の積み下ろしなどの作業で人の手に触れる機会が多くなるため、その分破損の可能性も上がることになります。しかし、積み込みからそのまま納品してくれるトラックチャーター便であれば、そういった破損のリスクを減らすことができるのです。

トラックチャーター便ではさまざまな種類のトラックが用意されているので、用途に合わせたトラックをチャーターできます。まず、物流業界で最もメジャーなトラックとしてウィング車があります。ウィング車は荷台の覆いが羽根のように開く構造になっているので、横からフォークリフトなどで積み荷を上げ下ろしすることができます。工場など、大量の商品を出荷するようなケースでは主にこのウィング車が利用されます。

次に、引っ越しの際などによく利用される箱車があります。箱車は荷台の後部のみが開くようになっていて、可動部が少ないぶん雨に強いという特徴がありますが、荷物の上げ下ろしに時間がかかるというデメリットもあります。そして、荷台の後ろに昇降機が設置されているパワーゲート車という種類もあります。キャスターのついた荷物の運搬に便利なトラックで、コンビニの配送などによく使われています。

さらに、荷台に屋根がついておらず、あおりとよばれるもので側面が囲われているだけの平ボディ車があります。屋根がないのでクレーンでの積み込み、荷下ろしに対応でき、建設現場やクレーン付きの倉庫などで使用されています。ユニック車はこの平ボディ車に小型のクレーンが搭載されているトラックです。重量の大きい鋼材の積み下ろしや高所への積み下ろしに強みを発揮します。

トラックチャーター便を取り扱っている会社に相談すれば、どのような用途で使う予定かを伝えることで、多種多様なトラックの中から最適なものを紹介してくれます。

トラックチャーター便は食品物流のシーンでも活躍していますが、それには多くの理由があります。1つは、輸送内容を自由にカスタマイズできることがトラックチャーター便の大きな強みです。

トラックチャーター便では運送の主導権が荷主にあるため、取引先のニーズなどに合わせて配送ルートや納品する時間などを自由に指定することができます。また、荷物の量によってトラックの積載量を変更することもできるので、場合に応じた注文をすることで無駄な出費を抑えられるのです。

運ぶ食品に合わせてトラック内の温度を設定できることも大きな利点の1つです。特に発酵食品を扱っている場合は、少しの温度変化によって発酵が進み、製品の質が変わってしまうことがあります。また、衛生管理というのも食品物流においては重要なポイントになります。製造や保管の段階では衛生管理に気を遣っているものの、輸送までは徹底できていないというのが多くの食品会社の現状です。しかし、貸し切りで配送できるトラックチャーター便なら、工場などで指定された衛生レベルを保ったまま輸送を行うことができるのです。

企業での利用に限らず、トラックチャーター便は個人でも活用できます。たとえば、単身者が引っ越しする際など、小型トラックでも引っ越し業者の単身者用の引っ越しパックに比べて数倍のスペースが確保できるので、大型の家電製品や家具なども積み込むことができます。引っ越し業者のように人件費がそれほどかからないため、コストを抑えて引っ越しすることができるのです。そして、引っ越し業者であれば繁忙期になれば料金が値上がりするので、繁忙期に引っ越さなければならなくなったときには、トラックチャーター便を活用するのが賢い選択だといえます。

トラックチャーターの料金は会社によってばらつきがありますが、軽貨物車を近距離で使用した場合の相場は5,000円~1万円程度で料金は移動距離が長くなるほど高くなり、東京~大阪だと6万~7万円ほどかかります。

2トントラックを近距離で使用した場合の相場は1万5000~3万円程度となります。移動距離がおよそ500キロメートルの東京~大阪間だとだいたい7~8万円ほどかかるようです。4トンや8トントラックなど、さらに積載量の大きいトラックを借りた場合には料金が上がります。

移動に高速道路を使う場合は、高速料金がはじめから料金に含まれている会社もあれば、高速を利用した分だけ追加で請求する会社もあります。また、パワーゲート車指定の場合は2割増しなど、特殊な機能を備えたトラックを利用する場合は料金が高くなる可能性もあります。後から請求書を見て驚くことがないように、トラックチャーターの料金は事前によく確認しておきましょう。

チャーター料金を安く抑えるポイントとして、トラックがあまり稼働していない隙間の時間を利用するということがあります。企業が依頼する配送作業は、おおむね夕方に積み込んで朝に配送するという工程で行われます。そのため、配送が終わってから夕方に再び積み込むまでは、多くのトラックが空いている状態になっています。特に急ぎではないようなときなどは、そのタイミングを狙って日中に積み込んで同じ日に配送してもらうことで、料金を安く抑えられることがあります。

また、荷物が多い場合はできるだけ積載量の大きなトラックをチャーターする、というのも有効な節約手段です。たとえば、10トン分の荷物がある場合、2トントラックを5台チャーターするのと10トントラックを1台チャーターするのでは、積載できる量は同じでも料金が2~4倍ほど変わってきます。配送元と配送先に駐車スペースを確保できるのであれば、できるだけ積載量の大きなトラックをチャーターするようにしてください。

トラックをチャーターする際には、自分がどれほどの積載量のトラックを必要としているのかを見極めることが重要です。チャーターできるトラックは1~2トンの小型トラックから10トン超の大型トラックまで、幅広い積載量から選ぶことができます。このときに間違ったサイズのトラックをチャーターすると、運ぶ予定の荷物をすべて積み込めなかったり、荷台にスペースがたくさん余ってしまい、無駄に高い料金を払うことになってしまったりします。

また、箱車や平ボディ車など、チャーターするトラックの形状によっても積み込める量が変わってきます。運ぶ予定の荷物の量や形などをチャーター便の会社に正確に伝え、トラックに荷物を適正に積み込むことができるのかどうかをよく確認しておくようにしましょう。積載量の目安として、4トンの箱車には段ボール箱なら300個、1100×1100ミリメートルの物流パレットなら8枚積み込むことができます。同様に、10トンの箱車には物流パレットを16枚積み込めます。

チャーター便には、トラック1台を貸切るものの他に、ボックスチャーター便というサービスもあります。これは、チャーター便の会社が指定したサイズのボックスの中に荷物を入れ、それを指定した場所・時間に配送するというサービスです。トラックを貸切る必要がないので荷物が少ない場合はコストが削減でき、なおかつボックスによって荷物同士が仕切られているので破損のリスクも軽減することができます。また、引っ越しを業者に依頼するときのように荷物を梱包材で保護する必要がないので、ゴミの量が少なく抑えられ、環境にやさしいのも特徴の1つです。

ボックスのサイズは業者によって異なりますが、100×100×170センチメートル程度で設定されていることが多いです。ボックスチャーター便の料金は移動距離や指定する配送時間によって異なります。東京~大阪間での利用ならば1万7000~1万9000円程度が料金の相場となります。さらに、オプションを付けることによって冷凍便への対応や、セキュリティを強化して盗難・紛失に備えてくれる業者もいます。このように、用途に応じて配送方法をアレンジできることもあり、ある程度の量の荷物を送りたいという人たちの間でボックスチャーター便は需要の高いサービスとなっています。

荷物を送りたいがトラックを1台チャーターするほどの量ではない、配送日時は大ざっぱでいいからもっと安く荷物を運びたいという人には、混載便という選択肢もあります。混載便では他の客の荷物と一緒に目的地まで配送するため、チャーター便よりもコストを安く抑えられます。その代わり配送時間を指定できないので、荷物が届いていなければいけない時間が厳密に決まっているような状況には向きません。たとえば、イベントで使用した機材を会社に戻すときのように、あまり配送時間が重要でない場合には混載便を利用するのが賢明です。また、混載便に特化した運送業者は荷物の取り扱いに慣れているので、宅配便や路線便に比べて荷物が破損するリスクは低いといえます。

トラックチャーター便は企業の配送だけではなく引っ越しなどの個人での利用にも便利なサービスです。また、ボックスチャーター便や混載便という選択肢もあるので、荷物の量や用途に応じて利用方法を選びましょう。チャーター便を扱う会社に問い合わせれば最適なプランを教えてくれるので、まずは1度相談してみてはいかがでしょうか。

アシストライン(株)では、当日依頼で#当日配送に対応を得意としています。

お困りの際は、是非お気軽に連絡ください。

電話:072-968-3320

HP https://www/osaka-line.com

#運送

150回の閲覧
  • Facebookの社会的なアイコン
  • YouTubeの社会のアイコン
  • Twitter(アシストライン株式会社)
  • Instagram

365日24時間対応
配車可能か
5分で回答

​​TEL:072-968-3320

今からすぐに
緊急でお運びします