Keyboard and Mouse

大阪の物流請負/対応力No1

ワンちゃんキャラ_納品-01 (3).png
軽貨物運送アシストライン
営業時間:平日/土曜9:00~20:00
  • アシストライン株式会社

老人ホーム入居で『手続きや持ち物は何?』





老人ホームへ入居するとき

迷うことの1つが持ち物です。


老人ホームは生活の場であるとはいえ

自宅にあったすべてのものを持ち込むことはできません。


最低限何を持っていけば良いのか。


老人ホームに入居する際に必要なものについて解説します。


老人ホーム契約時に必要な持ち物

老人ホームへの入居する前に契約手続きが必要です。

そのために必要な持ち物は以下の通りになります。


□印鑑 □印鑑証明 □健康診断書 □戸籍謄本 □住民票 □連帯保証人・身元引受人 (入院されていた方) □診療情報提供書、看護サマリーなど

□介護施設情報(障害福祉サービス等情報検索『WAMNET』ワムネット)




余談ですが、老人介護施設にも施設によりサービスの質が

変わりますのでショートステイをされたりでお試しをしてご本人様と

ご家族が満足できる施設を選ぶと良いですね。



契約を結ぶために必要な印鑑や戸籍謄本などの書類のほか

現在の健康状態がわかるものが必要となります。


これは、ただ健康状態を証明するだけではなく

入居後にどんな配慮やケアが必要なのか

をスタッフが判断するためにも必要な持ち物です。


入院されていた方や通院中の方であれば

入院・通院していた病院からの診療情報提供書や看護サマリーなども必要になります。


病院でどういった治療やケアをしていたのかを把握し

施設でも継続できるように体制を整えることが重要だからです。


老人ホーム入居時に必要な持ち物

老人ホームへ入居する際に

最低限揃えておきたい持ち物は以下の通りです。


着替えやリネン類などでは □衣服(伸縮性のある衣類が良いですね) □タオル類 □衣類ケース □うち履きスリッパ □シーツ(施設によってはリース可能)


衣類は多すぎても収納に困ってしまいますので

ある程度の量を決めて持っていくようにしましょう。


老人ホームでは

施設スタッフや業者に依頼すれば定期的に洗濯をしてくれるところも多いので

必要な枚数があれば問題ありません。


要介護度が高くなり、頻繁に衣類やシーツなどを取り換えることがあるならば

少し余分に置いておくと良いでしょう。

施設には衣類ケースやハンガーなどがない場合が多いので

状況に応じて準備しておく必要があります。


身の回りの日用品では □洗面、入浴用品(歯みがきセット、シャンプーや入歯ケースやメンテ用品など) □爪切、耳かき □ヘアブラシ □髭剃り用品


これらの持ち物は、衛生上他人と共有することができません。


基本的には施設にも準備はされていませんので

きちんと自分のものを持っていくようにしましょう。


個数は最低限の数があれば問題ありません

後から必要な数を買い足すことも可能です。


・食事に関わる、お箸やお椀など

普段の食事では、施設から提供される食器を使うことがほとんどです。


病気の影響で使いにくいということもあるかもしれません。

そのような場合は、使い慣れた食器や使いやすい形状のものを持参すると良いでしょう。


□ 常備薬 薬については薬そのものとお薬手帳も一緒に持っていきましょう。


薬だけでは、数や飲むタイミングなどがわからず

適切な治療を続けることができなくなってしまいます。


施設によっては、薬は看護師が管理できます。


その場合でも処方内容の詳細を確認する必要がありますので

お薬手帳も忘れずに持参しましょう。


その他-個人に応じてあると良い持ち物

上記の持ち物に加えて、必要に応じてあると便利な持ち物についてご紹介しましょう。


□鏡 □ティッシュ □オムツ(施設で用意できる場合もありますのでご確認ください) □おしゃれ着 □老眼鏡 □本や雑誌など娯楽になるもの □保湿ケア用品など


鏡は部屋に備え付けられていないこともありますので

手鏡のような少し小さめのサイズのものを持参すると便利です。


オムツや老眼鏡などは、その人の状況に応じて選んでください。


介護が必要になったとしても

施設ではオムツは各自で購入ということも少なくありません。


本や雑誌などの娯楽になるものは

入居するご本人が必要だといえば持参すると良いでしょう。


本など活字のあるものは

年齢を重ねるにつれて読むのが億劫になるという方が多いです。


文字の大きなものを選ぶか

写真集や絵本など文字を見なくても楽しめるものは喜ばれます。


お出かけに使うようなおしゃれ着は

自立していて外出もある程度自由にできる方は持参するのがおすすめです。


介護が必要で外出する機会が少ないのであれば

おしゃれ着はあまり必要ありません。


しかし、イベントなどで外に出ることはありますので

必要に応じて準備できると良いでしょう。





入居時の持ち物を引っ越し業者へ依頼する必要性

荷物が多くなるので

引っ越し業者に運んでもらうことを検討している方もいらっしゃるかもしれません。

その点についても確認しておきましょう。


不安であれば引っ越し業者へ

運ぶものが多いなど

荷物の運搬に不安があるようであれば、引っ越し業者を利用するのも良い選択肢です。


運搬時に施設の壁や床に傷をつけてしまうと

場合によっては補償問題になってしまいます。


そうした事態を避けるためにも

不安な人は積極的に引っ越し業者を利用しましょう。


近年では、老人ホームへの引っ越しを得意とする業者もおり

不用品の処分などの手続きを代行してくれる場合もあります。

(アシストラインは『単身引越』を請負ってます。)


引越しのお見積りは、

電話で出来ますのでお気軽にご相談ください。


家具については、持ち込み可としている施設が多いですが

必ずしもそうとは限りません。


入居を希望している老人ホームに確認をしておきましょう。


大きな家具は退去の際に処分が大変です。


持ち込むのであれば、あまりサイズの大きくないものを選んだ方が良いでしょう。

老人ホームの部屋はもともと住んでいた自宅から比較すると

狭くなることがほとんどです。


できるだけ持ち込まない・最小限だけ残して残りは処分する。

といった対応をするのがおすすめです。



家財整理の手順

老人ホームに入居する前には

自宅の家財整理をきちんとしておきましょう。


追加で必要なものが出たとき、家族に持参してもらうことも多いかと思います。

しかし自宅が整理されていないとすぐに見つけることができません。


これからいるものといらないものに仕分けをしておき

後で管理をする家族の負担にならないようにしましょう。


書類や印鑑など重要物の置き場所については

あらかじめ決めておき、家族とも共有しておくことも大切です。


入居を希望している老人ホームで最期まで過ごすのであれば

現在、自宅にある家具や持ち物は使わなくなってしまいます。

老人ホームに持参する最低限以外のものは

早めに処分しておいたほうが良いかもしれません。

 アシストライン では、不用品の回収をしているので、お気軽にご相談ください。




軽トラック・チャーター・2t・4tトラック今からスグに手配します。

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

大阪軽貨物運送 アシストライン株式会社 

配車受付 電話 072-968-3320

https://www.osaka-line.com/

軽貨物運送で物流・配送・配達コストの削減をご提案致します。

」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」」

Contact

コンタクト

物流のコスト削減を実現する運送・配送サービスを提供します。
 

当日運送・緊急便・貸切便・チャーター便のほか
専属配送や軽貨物運送
を通じて「感動を与える」サービスを目指します!

  • Facebook

facebook

  • Instagram

Instagram

FAX番号:072-968-3321

〒578-0904

大阪府東大阪市吉原2-6-11

LINEロゴ(アシストライン).png
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Twitter(アシストライン株式会社)
  • Instagram
  • YouTubeの社会のアイコン

365日24時間対応
配車可能か5分で回答

M.png
btn_line.png

『緊急対応承ります』