Contact

コンタクト

物流のコスト削減を実現する運送・配送サービスを提供します
 

当日運送・緊急便・貸切便・チャーター便のほか
専属配送や軽貨物運送
を通じて「感動を与える」サービスを目指します!

軽貨物運送アシストラインロゴ

大阪の物流請負/対応力No1

24時間365日受付配送
軽貨物の緊急便・スポット便・緊急配送・即日配送・緊急便・至急便・軽貨物・チャーター・冷蔵/冷凍・物流のコスト削減・配送サービス

アシストラインHPのQRコード
  • Facebook
Facebook
  • Instagram
Instagram

FAX番号:072-968-3321

〒578-0904

大阪府東大阪市吉原2-6-11

  • アシストライン株式会社

ものづくり展に行ってきました②

大阪軽貨物 アシストラインの青葉です。




先日もものづくり展についての

ブログを書かせて頂き、

弘兼憲史さんの講演の内容を

触れさせていただきました。


11月の下旬に行ったので、

だいぶ間が空いてしまいましたが

今回は牛窪恵さんの講演について

記事を書かせていただきます。




ご存じの方も多いかもしれませんが

牛窪さんは“おひとりさま”や“草食男子”等の

言葉を生み出したとしても有名です。


講演は2025年問題の話からスタートしました。


2025年問題は色々あると言われていますが

講演のテーマでもあった人手不足の観点でいくと


「団塊の世代が75歳以上の後期高齢者になる」時期になる・・・。

でもそれを支える労働人口が583万人も不足する・・・。


という問題が昨今大きくクローズアップされています。

今でも人手不足・人手不足と言われているのに

さらに深刻な問題になっていく・・・。

なんだか気が重くなってしまうような話です・・・。


そこで牛窪さんは人手不足の問題を解決するために

・シニアの活躍に期待

・外国人労働者に期待

・働く女性に期待

ということを挙げておられました。


年収300万円時代なんて言われているように

働き盛りの30~59歳の平均年収が300~399万円が

一番多いことを考えると

シニア世代も働かざるを得ない状況なのも事実ですが

何よりも元気なシニアが多いことも事実です。


そういった意味でもやはりシニアの活躍は必須になるようです。


また人口減少が止まらない日本においては

外国人労働者の受け入れも必須になってくると言われています。

まだまだ国・企業の受入れ体制は出来ているとは言えない現状なので

この問題についても早急な対応が求められています。


女性の活躍についても

一昔前に比べると女性もだいぶ働きやすくなってきたと言われていますが

子供を預ける場所がない・介護の問題などなど

女性だけの問題ではないですが

女性にかかる負担が多い現状はまだまだ残っています。

等々の話もありました。


人手不足対策の一つとして

今いる従業員に長く勤めてもらうために

会社としてできることもやるべきだともおっしゃっていました。

その一つとして


各年代層の特徴を把握して、

その特徴から乖離した接し方をしないことも

重要なことだと仰っていました。


各世代のベースとなる“ココロ”を読むことの重要性を

力説されていました。


牛窪さんが仰っていた各世代の特徴は次の通りです。


① バブル世代(現49~60歳):汗水・恋愛トレンディ世代

“24時間戦えますか”

栄養ドリンク“リゲイン”のCMで出てきた言葉です。

“汗水流して働いてお金を稼ぐ美学”

があった時代だと言われています。

また恋愛ドラマがはやった時期です。

女性の社会進出が加速した時期でもあります。

そのため“おひとりさま”と言われる未婚者も多い年代です。


② 団塊ジュニア世代(現43~48歳):貧乏くじ世代

バブルの崩壊・“山一ショック”

男女平等、飲み会食事はワリカン、イクメン

女性の高学歴化・・・。

バブル時代の恩恵と崩壊後の苦労の両方を

働き盛りの年齢の時に体験している。


③ ロスジェネ~草食系世代(現31~42歳):右肩下がり世代

バブル崩壊後に社会人になった世代。

そのため職場でもナンバーワンよりオンリーワン

ガツガツ競争するよりも、より周りと緩くつながりたい。

癒しを求める傾向。

エコという言葉もこの世代から浸透し始めているため

「環境に配慮」というキーワードによい印象を持つ。


④ ゆとり(さとり)世代(現22~30歳):さとり世代

景気のいい時を経験していないため

職場へは何も期待していない?傾向がある反面

「仲間意識」が強い。同じ趣味の仲間とつながる幸せ。

自然や文化に対する関心⇒SNS映え

誰かの役に立ちたいという貢献意欲もある。


というように各世代で過ごしてきた時代背景が違い

形成されてきた価値観も大きく異なります。


それにも関わらず一方的な価値観を押し付けたり

その人の考え方を否定するような言動が原因で

離職してしまう人も多いのが現状です。


世代ごとの特徴はあくまでも統計的なものなので

必ずしも正解ではないかもしれませんが

参考にしてみるのもいいかもしれません。


僕自身、牛窪さんの話を聞きながら

「言われてみればそうだなぁ」と感じることも多々ありました。


自分が20代の時と今の20代では

周囲の環境があまりにも違います。


こういう点も意識しながら

日々人と接することを心がけていこうと思います。


随分と長くなってしまいましたが

最後までお読みいただきありがとうございました。



>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

大阪軽貨物運送 アシストライン株式会社 

電話 072-968-3320

https://www.osaka-line.com/

軽貨物運送で物流・配送・配達コストの削減をご提案致します。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

11回の閲覧
  • Facebookの社会的なアイコン
  • YouTubeの社会のアイコン
  • Twitter(アシストライン株式会社)
  • Instagram

365日24時間対応
配車可能か
5分で回答

​​TEL:072-968-3320

今からすぐに
緊急でお運びします